忍者ブログ
mako watanabe    ***   like the ocean we share, we are one in the same   ***               動物関連の記事を選びたい方は、カテゴリーの <ペット問題><@仕事> <動物福祉><動物関連イベント> からご覧ください。
[354] [353] [352] [351] [350] [349] [348] [347] [346] [345] [344]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日の事件、犯人はすぐに捕まるだろうと思ったけど、元町議とはね。
「立場や肩書き」と「人品や品格」が比例しないのは常なれど、やっていた内容はかなりひどい。
ペット死体、業者が投機

それにしても「5、6年前から犬や猫の死体が捨てられていた」と語る狩猟関係者は、どうして届け出なかったのでしょう?
「燃えるごみの日に小型犬の死体を出していた」「畑でペットの死体を焼いた」と語る近隣住民もしかり。

子どもの虐待事件が起きると、テレビのニュースには「以前から罵声や泣き声が聞こえた」とか「痣があった」と、近所の人が答えている。
知っていたなら、どうして?
アメリカには通報義務のある州があったと思う。

無関心、見て見ぬ振り、それを良しとする感覚。
その中で生きていることを、心しないと。
私はゼヒとも、お節介で小うるさいオバチャンで居続けるのだ。





買ったけど、何となく使わないカラーとリード、それから服を役立ててもらえるなら嬉しいですよね〜。
今回「ポチのしあわせ」が引き受けてくれるそうです







何年も前に、数十頭の高齢の犬たちを保護した団体が必要とするリストに載っていたので、カラーとリードをお送りしたことがあります。
当時の我が家は3頭ファミリーだったため、ちょっと使っただけのキレイなもの、お土産やプレゼントでもらったものなど集めると、かなりの数になりました。

しばらくすると、その団体の方からお礼のメールと画像が届きました。
「生まれて初めての首輪をつけて、ゆきちゃんはちょっと戸惑ったようでしたが、すぐに慣れて誇らしそうでした」

高齢なのに、初めての首輪、です。
淋しすぎるよね。
恐らく、自分のボウルも、おもちゃも、寝床も、持っていなかったのだろうと思います。
自分だけの大切な人もない……哀しさという点では、これが一番かな。

動物との間に育まれる深い絆。
そこまでの関係を知らずに捨てるなんていう人は、本当にもったいないことしてる。
(大バカともいう)
大きな幸福を自ら手放すとは、人生の巨大損失ですねっ!
(きっと小さな幸福にすら恵まれまい)

『世界にたったひとつの犬と私の物語』に登場するドンとシェリー。
ドンはセンター出身で、シェリーは「生まれてしまった」と言われた子だけれど、今は家族に愛されて、こんなに満ち足りた顔をしています。
柴田ご夫妻も、よく似た笑顔の持ち主です。



拍手[33回]

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
E-MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
我が家にも新品の首輪があります
ぜひ寄付したいと思います
洋服はまだ心が残るので手放せませんが。
幸せなワン子が増えますように
むっくなっちまま 2010/04/08(Thu)13:41:38 編集
Re:無題
小さなこと、身近なことで、できることを、みなさんでシェアできたらと思います。
このブログが、いろいろ情報交換をする場になれば嬉しいです。
【2010/04/08 21:39】
無題
「動物との間に育まれる深い絆。そこまでの関係を知らずに捨てるなんていう人は、本当にもったいないことしてる。」
本当にその通りですね!
私は愛犬スノーウィを飼いはじめた時、一人で犬を育てることの重荷で3日で育児ノイローゼになり里親に出すことを考えてしまいました。
でも本当に他人に渡していいの?って自分自身に問いかけたとき、たった3日でもスノーウィは自分にとって手放せない存在であることに気づいて、少しでも里親に出そうなんて考えた自分を恥じました。
だからギブアップしたくなる気持ちも分からなくないのですが、命あるものだから絶対に最後まで諦めないで欲しいです。
今ではスノーウィと出会えたことは自分のとって最高にハッピーな奇跡だった思えるので、そんな風に思わせてくれた愛犬に感謝の気持ちで一杯です☆

スノまま 2010/04/16(Fri)01:11:37 編集
Re:無題
スノままさん

はじめまして。
それこそ、スノままさんとスノーウィの宝である「世界にたったひとつの物語」ですね。

諦めるのは、すごく容易いことだったと思います。
スノままさんが自らへ向けた問いかけを、捨てる人たちはしなかったのでしょう。
あるいは、元から強い気持ちを持っていなかったか。

「最高にハッピーな奇跡」は、こんなに近くで毎日起きているのにね。
本当にもったいない。
ケチな私には信じられなーい。
【2010/04/16 14:39】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
calendar
12 2017/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
twittin'
ここにいるよ
w/ your little help
recent comments
[07/02 NONAME]
[02/01 ももこひめ]
[11/28 NONAME]
[11/27 直樹]
[11/27 テンテン]
[11/27 テンテン]
[11/26 s_omega]
[10/27 小春]
[08/31 tunafishermann]
[07/22 よしだ]
[05/08 森内です。]
[04/26 くみほ]
[04/09 カオリ]
[03/18 はぐれコマドリ]
[03/16 はらだ]
[03/14 TT]
[01/20 anne mama]
[01/19 渡辺眞子]
[01/16 anne mama]
[01/08 阿部敏明(カプアンパパ)]
[12/12 nana]
[12/03 dekopika]
[11/20 ちょべ]
[10/23 想ちゃん]
[09/04 ひらたけいこ]
動物にまつわる本
visitors
無料で使えるプチアクセスカウンター
search
access analysis
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
♥ sozai:ふわふわ。り Template by hanamaru.