忍者ブログ
mako watanabe    ***   like the ocean we share, we are one in the same   ***               動物関連の記事を選びたい方は、カテゴリーの <ペット問題><@仕事> <動物福祉><動物関連イベント> からご覧ください。
[510] [509] [508] [507] [506] [505] [504] [503] [502] [501] [500]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

社会復帰だ、リハビリだと、あまり一度に張り切るとリバウンドが訪れるのだ。
はい、調子に乗ってはいけない。
今日は久しぶりに、明るい時間帯に横になったら眠ってしまった。

暑くなく、寒くなく、おしゃれが楽しく、出かけるのが楽しく、何を食べても美味しい季節……なのだけど、夏バテを引きずる人も多いよう。
体を休め、栄養を十分摂ってくださいね。







いきなりですが多頭飼育の記事
よく相談を受けるケースながら、自治体としての対応も難しくて頭の痛い問題……
まずは、これが心の病であるという理解が基本のようだ。

拍手[18回]

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
E-MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
眞子さん、お久しぶりです~
北海道のりりあんです。
そう、あの障害犬ラッキーの飼い主です。その後、保健所から引き取ったアトピー犬アリスとともに4頭の子達と一緒にてんやわんやな生活を相変わらずおくってます~(笑)
そうそう、困った飼い主のもとで飼われていた隣町わんこの件でも相談に乗っていただきましたよね。
その節は本当にお世話になりました。
普通に言えば、私も間違いなく多頭飼い?だと思います。
実は、私、32歳で水疱瘡体験者です。
辛さも痒さもしんどさも、すっごーくわかります。
麻疹もおたふくも大人になってからの罹ると大変です。
ということで、我が家のわんこ達も私も、ありがたいことに元気でおります。
ただ、以前、相談したことがあったかもしれませんが、近所で飼われている土佐犬&ボクサー犬のことで、頭を悩ましています。
先日、ボクサー犬は餓死しました。
何度も飼い主のもとに出向き、給餌をお願いしたのに、最悪な結果になりました。
以前から何回も役所の担当者が指導に出向き、警察まで現地調査にいっているのに・・
何か、他の対策を考えなければ、犠牲者が増えるばかりです。
りりあん 2010/10/03(Sun)14:09:05 編集
無題
渡辺さんのような立場にいる方が、元記事の内容の一部を特化して書くような伝え方は偏見や誤解を生むことになりかねないので避けるべきです。あるいは、あなたはアニマルホーディングに関する元記事を正しく理解していないのでは?と思います。
マメ 2010/10/05(Tue)16:12:41 編集
無題
はじめまして、いつも楽しく、そして勉強するつもりでブログを拝見させていただいております。
私はいわゆる猫おばさんですが(笑)映画「犬と猫と人間と」を見てからというもの、何か犬猫の為に行動に移さなければいけないと強く思うようになりました。その後近所に捨てられた妊婦猫を保護し出産させ、里親探しを始めましたが、そう簡単には里親さんも見つからず仔猫もだんだん大きくなってきました。そこへ知人宅の玄関脇で飼い主のいない猫が6匹の仔猫を出産、保健所へ連れて行くと言われ慌てて保護。多いときで合計12匹にまで膨れ上がりました。自宅では先住猫のストレスもあり、ついに猫用に別宅を借りることに・・・・。
眞子さんがリンクを貼った多頭飼育の記事を読んで、身につまされる思いがしました。
猫を集める(?)病的な心理、私にも該当しているんじゃないか。
猫を救いたいと思う気持ちは変わりませんが、客観的に見た場合私は大丈夫だろうか?と時々思います。多頭飼育崩壊、私がそうじゃないの?って。
しかもシェルター的な場所なので、相性の合わない猫同士もいますし、十分なスペースでもないかもしれないし、全員にたっぷりお日様が注ぐわけでもない。早朝と仕事帰りの合計5時間程度しか一緒にいてあげられない。
本当に猫のためになってる?虐待になっていない?と自問自答してしまいます。
おかげさまでいいご縁に恵まれ、保護した猫は5匹まで減ってきました。
ただ、これから寒くなると、鼻水垂らして目もぐしょぐしょの猫に出会ってしまったら・・・・無視できる自信ナシです。
保護して里親探しをすることと異常な行動との境目ってどこなんでしょう。
決して異常にならないで、1匹でも多くの猫が本当の家族の元にいけるよう活動していきたいと思っています。

いと URL 2010/10/08(Fri)12:02:57 編集
無題
どこをどう読んだら「まずは、これが心の病であるという理解が基本のようだ」となるんですか?
渡辺さんは露出が多い人ですが読解力がないのですね。現場の経験もないからでは。
日々、事故で死んだり虐待されたり、猫の死体を置かれるような地域で活動している人たちは、適正頭数で保護したいと思いつつも、それがかなわないことはどうしても出てきます。
仔猫じゃない、なれていない、病気がある、などなど、いろんな理由でもらい手が見つからない子がいます。
渡辺さんは死にそうな子がいても、助けなければいいと思うのでしょうが。
渡辺さんは、心の病ではないから、死体を置かれる現場には行かないし、保護もしないってことですかね。
動物愛護を謳いながら、現場には関わらず、心の病と平気で書けるあなたの方が心の病なのでは?現場で苦労している人たちに対する理解も思いやりもなさ過ぎます。
多頭飼育にもいろんなケースがあり、元記事ではフォローが入っているというのに。
犬については思い入れがあっても、猫に対しては実のところ、関心のない愛護の人は多いですね。
あなたもその1人。
餌やり禁止の看板が、現状を知らない人たちに餌やりさんへの偏見を植えつけるように、あなたのこの記事も、やむを得ず頭数が増えているボラさんを傷つけています。
WM 2010/10/15(Fri)22:10:53 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
twittin'
ここにいるよ
w/ your little help
recent comments
[07/02 NONAME]
[02/01 ももこひめ]
[11/28 NONAME]
[11/27 直樹]
[11/27 テンテン]
[11/27 テンテン]
[11/26 s_omega]
[10/27 小春]
[08/31 tunafishermann]
[07/22 よしだ]
[05/08 森内です。]
[04/26 くみほ]
[04/09 カオリ]
[03/18 はぐれコマドリ]
[03/16 はらだ]
[03/14 TT]
[01/20 anne mama]
[01/19 渡辺眞子]
[01/16 anne mama]
[01/08 阿部敏明(カプアンパパ)]
[12/12 nana]
[12/03 dekopika]
[11/20 ちょべ]
[10/23 想ちゃん]
[09/04 ひらたけいこ]
動物にまつわる本
visitors
無料で使えるプチアクセスカウンター
search
access analysis
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
♥ sozai:ふわふわ。り Template by hanamaru.