忍者ブログ
mako watanabe    ***   like the ocean we share, we are one in the same   ***               動物関連の記事を選びたい方は、カテゴリーの <ペット問題><@仕事> <動物福祉><動物関連イベント> からご覧ください。
[290] [289] [288] [287] [286] [285] [284] [283] [282] [281] [280]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日から仕事始めの皆さま。
お互いに今年も元気に働きましょうねっ。



まー君2号さんより、bbsにお知らせをいただきました。
新年早々、現実に引き戻してくれる内容の模様。

1月9日(土)
午後10時15分~10時58分
NHK総合「追跡!A to Z」
なぜ繰り返される ペットの悲劇

番組ホームページで予告動画が観られます。
http://www.nhk.or.jp/tsuiseki/index.html



その数日前に私は、すっかりどっぷり現実のど真ん中に行っちゃうけど。
もちろん、センターですともさ。
でも今回は殺処分でなく、ボランティアの方が動物を引き出して病院へ搬送後、保護主さんに託すまでを取材させていただきます。
だからセンターはセンターでも、いつもほど重たい気持ちではなく行かれるかな。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
E-MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
犬と猫と人間と
新年 明けまして おめでとうございます。
仙台でも、やっと暮れの 26日から <犬と猫と人間と>が上映され、本日観てまいりました。
ドキュメンタリータッチで、とてもわかりやすい構成(描き方)だなあと思いました。
ほのぼのとした犬猫の様子・しぐさに、ほんわかな気持ちになったり、痛々しい・あまりにも無残な姿や鉄格子の奥の悲しく・哀れな眼差しや声に、胸が締め付けられそうになりました。
全国各地で上映され、たくさんの人に鑑賞されているとは思いますが、この映画(犬猫の実情)は、あらゆる人間に、もっと観て知って、そして考えてほしいものなので、いつかテレビでも放送してほしいと思います。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
くまがい しょうこ 2010/01/05(Tue)22:00:48 編集
Re:犬と猫と人間と
こちらこそ、今年もよろしくお願いします。
あの映画は「見るのに勇気が必要」というふうに考えてほしくないのですが、ちょっとでも現実を知る人は恐れを成してしまうようです。
ほんと、テレビ放映してもらいたいですよね。
【2010/01/05 23:03】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
twittin'
ここにいるよ
w/ your little help
recent comments
[07/02 NONAME]
[02/01 ももこひめ]
[11/28 NONAME]
[11/27 直樹]
[11/27 テンテン]
[11/27 テンテン]
[11/26 s_omega]
[10/27 小春]
[08/31 tunafishermann]
[07/22 よしだ]
[05/08 森内です。]
[04/26 くみほ]
[04/09 カオリ]
[03/18 はぐれコマドリ]
[03/16 はらだ]
[03/14 TT]
[01/20 anne mama]
[01/19 渡辺眞子]
[01/16 anne mama]
[01/08 阿部敏明(カプアンパパ)]
[12/12 nana]
[12/03 dekopika]
[11/20 ちょべ]
[10/23 想ちゃん]
[09/04 ひらたけいこ]
動物にまつわる本
visitors
無料で使えるプチアクセスカウンター
search
access analysis
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
♥ sozai:ふわふわ。り Template by hanamaru.