忍者ブログ
mako watanabe    ***   like the ocean we share, we are one in the same   ***               動物関連の記事を選びたい方は、カテゴリーの <ペット問題><@仕事> <動物福祉><動物関連イベント> からご覧ください。
[517] [516] [515] [514] [513] [512] [511] [510] [509] [508] [507]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

もういいんだけど……とも思いつつ、レンタルが開始されると見ずにおれない「24」。
最終シーズンだし、最後まで見届けるとしましょう。

元FBIの女性捜査官が涙を流しながら訴えるシーンがある。
私には何もない。
帰るところもない。

"I have nobody"

涙が溢れた。
「誰もいない」とは、なんて淋しい一言だろう。

つながれたまま一生を送る犬の姿が瞼に浮かんだ。
地方都市の埃っぽい道路沿いの、ただベニヤ板で囲っただけの犬小屋とも呼べないような粗末な小屋に、体に似合わぬほど太い鎖でつながれた犬。

人とも、他の犬との交流もない毎日。
朝も夜も、春も夏も秋も冬も、ずっと独り。
雷が鳴って恐ろしくても、震えて耐える以外にない。

それでもこうして生きているからには、フードと水は与えられているのだろう。
けれどこれは「生きている」と言えるだろうか?

「生きている」って、もっと輝いてるはず。
喜びや楽しみや、幸せなことに彩られているはずだ。







食べ物と水だけじゃ生きられない。
それは感情を持つ生き物にとって、生きていることじゃない。
ちゃんと愛してくれる人がいなければ、生きられない。







動物も、人も。







love to you

拍手[42回]

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
E-MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
あのニュースの子が思い浮かんでしまいました。
私も犬と生活をするまでは犬は野外にいるのが当たり前と思っていました。もっとたくさんの人に「間違ってるよ」と伝えたいです。
あー 2010/10/12(Tue)20:13:46 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
calendar
12 2017/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
twittin'
ここにいるよ
w/ your little help
recent comments
[07/02 NONAME]
[02/01 ももこひめ]
[11/28 NONAME]
[11/27 直樹]
[11/27 テンテン]
[11/27 テンテン]
[11/26 s_omega]
[10/27 小春]
[08/31 tunafishermann]
[07/22 よしだ]
[05/08 森内です。]
[04/26 くみほ]
[04/09 カオリ]
[03/18 はぐれコマドリ]
[03/16 はらだ]
[03/14 TT]
[01/20 anne mama]
[01/19 渡辺眞子]
[01/16 anne mama]
[01/08 阿部敏明(カプアンパパ)]
[12/12 nana]
[12/03 dekopika]
[11/20 ちょべ]
[10/23 想ちゃん]
[09/04 ひらたけいこ]
動物にまつわる本
visitors
無料で使えるプチアクセスカウンター
search
access analysis
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
♥ sozai:ふわふわ。り Template by hanamaru.