忍者ブログ
mako watanabe    ***   like the ocean we share, we are one in the same   ***               動物関連の記事を選びたい方は、カテゴリーの <ペット問題><@仕事> <動物福祉><動物関連イベント> からご覧ください。
[258] [257] [256] [255] [254] [253] [252] [251] [250] [249] [248]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



アメリカ在住の友人、ヨウちゃんから手紙が届いた。
「ついに、ついに、我が家に犬を迎えるよー!」
男の子3人の母親なもので、家事をこなすだけで大忙しの彼女。
一番下の子が小学校に入学したのを機に、長年の夢を実現させることにしたという。

もちろん、シェルターに行こう。
と思って調べていたら、それより近所に個人で保護活動をする人がいるのがわかった。

訪ねると、自宅の裏庭で何頭も保護している。
飼育環境もよろしいとは言えず、なんだかなぁと感じた。

そうは思っても、だからサヨナラと背中を向けられなかった。
ここから一頭でも出してやりたいと思って。

吠えまくる犬たちの陰で、じっとしている中型犬がいた。
孤独な瞳が印象的だった。
一旦、帰宅して家族会議を開き、その犬を迎えることに決定。

さてタミーを連れてきて裏庭に放すと、さぁっと走って物陰に隠れた。
しばらくは構わないでおこうと家族で話し、食餌と水だけ置いておいた。
でも、一向に出てこない。

翌朝見ると、庭の隅に穴を掘って、そこに引きこもっている。
誰も姿を見られない。
犬が家族に加わることを楽しみにしていた子どもたちが、犬用クッキーを持って待ち構えているのだが。

3日目、ヨウちゃんは穴の前にとんかつを置いた。
「これならどうだ」
タミーはとんかつに屈した。

それ以来、食に釣られてタミーは姿を現すようになった。
幻の犬ではなくなった。

でも究極の怖がりは骨身に染み付いていた。
撫でようとすると、あり得ないほど震えて体を硬直させ、目をぎゅっとつぶる。
リードを付けると固まる。

一度、ヨウちゃんの夫が無理に引っ張って散歩しようとしたら、近所の人から白い目で見られてしまった。
保護主に相談すると「ひどい虐待を受けていた犬だから」ということだった。

時間をかけて、家が安全な場所だとゆっくりわからせたい。
でも息子たちと友だちが、しょっちゅう出入りして騒々しく、それはタミーには恐怖だろうと指摘された。

タミーは保護主宅に戻された。
息子たちは揃って大泣き。
ヨウちゃんも大泣き。
夫は大弱り。

その後、何回かタミーの様子を見に行ったが、淋しそうな様子が堪らなくて足は遠のいた。
以来、一家は犬と暮らす夢を封印してしまった。

虐待が生き物に与えるダメージの深刻さは想像以上だ。
その残酷な状況から保護されても、何年も経過しても、傷は容易には癒えたりしない。
罪深い行為。


拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
E-MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
傷の深さは計り知れず
動物に対する虐待・遺棄・殺処分… 当然やってはいけない行為なのに、未だ世の中からなくならないことに、悲しさと腹ただしさを感じます。
私が週一で訪れている 犬・猫ボランティア(多頭飼いからの救済)の子たちの大半も、人間不信や恐怖、社会性不発達から、触らせてはくれません。臆病な子は、端っこで震えていたり、後ろ退りをします。そういう子ほど、おもいっきり抱きしめて、温かな手で撫でてあげたい…訪問の度に思います。
私がお手伝いできること…毎週必ず会いに行き、名前を呼びかけながらあいさつして、彼らの生活の場をキレイに掃除し、食事やおやつを与えてあげること、。そうして彼らが安心して、元気に暮らしてくれたら、何よりです。
一方、我が家のわんこ(柴犬の若葉)は、センターからうちにきて、今日でちょうど6ヶ月になります。散歩から帰宅すると、我が家の入り口に自ら曲がって入るようになり、「ここが僕の家」と自覚してきているようで、嬉しい限りです。
また6歳でも、お手やおかわりも覚えました。
やはり、種を問わず、愛情ほど素晴らしいものはないのだと感じています。
 
くまがい しょうこ 2009/11/19(Thu)11:13:48 編集
Re:傷の深さは計り知れず
こういう話を聞くたび、胸が塞がれる思いです。
言葉が通じないだけ、傷が癒えるには何倍もの時間と愛情が必要。
でも、しょうこさんのような方の手は足りず、そして犬たちの寿命は十数年しかない。
それを思うとね……
【2009/11/19 18:39】
無題
あ~、引き取ってすぐにフラワーレメディ使ってくれれば良かったのに~!!!と悔しい気持ちです。
虐待で臆病になってしまった子、人間不信になってしまった子、びっくりするくらい効果が出ています。
もっとたくさんの人に知ってもらいたいです。
ミスママ URL 2009/11/20(Fri)19:58:56 編集
Re:無題
人間不信で臆病になってしまったワタシにも効くでしょうかっ!
ギブミー、レメディ、プリーズ。
【2009/11/20 23:21】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
calendar
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
twittin'
ここにいるよ
w/ your little help
recent comments
[07/02 NONAME]
[02/01 ももこひめ]
[11/28 NONAME]
[11/27 直樹]
[11/27 テンテン]
[11/27 テンテン]
[11/26 s_omega]
[10/27 小春]
[08/31 tunafishermann]
[07/22 よしだ]
[05/08 森内です。]
[04/26 くみほ]
[04/09 カオリ]
[03/18 はぐれコマドリ]
[03/16 はらだ]
[03/14 TT]
[01/20 anne mama]
[01/19 渡辺眞子]
[01/16 anne mama]
[01/08 阿部敏明(カプアンパパ)]
[12/12 nana]
[12/03 dekopika]
[11/20 ちょべ]
[10/23 想ちゃん]
[09/04 ひらたけいこ]
動物にまつわる本
visitors
無料で使えるプチアクセスカウンター
search
access analysis
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
♥ sozai:ふわふわ。り Template by hanamaru.