忍者ブログ
mako watanabe    ***   like the ocean we share, we are one in the same   ***               動物関連の記事を選びたい方は、カテゴリーの <ペット問題><@仕事> <動物福祉><動物関連イベント> からご覧ください。
[549] [548] [547] [546] [545] [544] [543] [542] [541] [540] [539]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

福岡のブリーダーが夜逃げでしょうか……
記事はこちら

純血種の犬たちが、非衛生極まりない場所で、繁殖の道具として酷使され、餓えと乾きに苦しみながら、ゆっくりと時間をかけて死んでゆきました。

程度や規模の差こそあれ、こうした現場は珍しくありません。
全国で、似たようなことは昨日も今日も淡々と起きています。

業者が悪い?
センターが力不足?
法律が弱い?

その前に、需要がなければ供給も生まれないことを考えてみましょう。








「流行の犬種が欲しい」
「幼い猫が欲しい」

かわいいペットを無邪気に欲する人たちは、気づいていないでしょう。
それが乱繁殖を招き、動物たちを苦しめることにつながるのだと。

「知らなかった」では、もはや済まされません。
知らないことは罪です。








知ったからには、こんな不幸を止めるために協力してください。
皆さんの周囲から、小さな輪を広げていただけるとありがたいです。

犬や猫を家族に迎えようと思うなら、ペットショップでなく行政施設や保護団体から譲り受けてください。
大人の犬猫だって、ちゃんと慣れて最愛のパートナーになってくれます。

犬や猫を飼うというのは、その命が尽きる瞬間まで家族でいるということ。
飽きたから捨てるなどという行為は許されません。
そのことを、ペットを飼い始める前に家族でよくよく話し合ってください。

この二つをしっかり伝えてゆくのも、私たち一人一人が「できること」のひとつです。








それから、2012年の動愛法改正は5年に一度のチャンスです。
これを逃したら、また5年先まで、私たちは砂を噛む思いでこうした記事を読むことになるのです。

freepets では動愛法改正を要望する署名を集めています
来年3月と秋ごろに行なわれる環境省のパブリックコメントにも、ぜひご参加ください。

環境省も頑張ってくれています。
どうか皆さんの力を貸してください。
よろしくお願いします。

拍手[140回]

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
E-MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ペット協会は競市していますよね。
では、それに関連する団体は、どうなのでしょうか?
環境省 自然環境局 総務課 動物愛護管理室
(社)日本獣医師会
(財)日本動物愛護協会
(社)日本動物福祉協会
(社)日本愛玩動物協会
(社)日本動物保護管理協会
これって、渡辺さんも委員でおられる小委員会に属するメンバーですよね。闇が深いですね。これじゃ、犬は救われないですね。
たなべ 2010/12/23(Thu)22:51:29 編集
無題
たなべさん、ここで渡辺さんのこと責めて何になるっていうのかな。

世の中、白と黒だけじゃないでしょう。一気に現状を覆せるほど事態が簡単じゃないことくらいわかるよね。実現可能なことからじょじょに変えてこうってやり方、理解できないかな?


何より、渡辺さんの本やブログをきっかけにペットショップでの買い物をやめた人は決して少なくない。

一方あなたのコメントは?何かの役にたってる?

業界がみんなつながってるなんて愛護家にとっては周知の事実。でもその業界と折衝していかないと現実は変えられないんじゃない?少なくとも渡辺さんはそう思うからこそメンバーに入って、努力してるんでしょ。

非現実的な大革命を望んでるだけのあなたと、どっちが意味があるんだろう。

あなたのそのパワーは、せっかくだから当該団体に直接ぶつけたらいいよ。

自分が何のために活動してるのか、もう少しよく考えてみたら?愛護同士で叩き合うことほど無駄なことはないから。




※渡辺さん、横レスで失礼しました。ちょっと続いた気がしたもので…。
不適切なら削除いただいて結構です。
通りすがりの愛護家 2010/12/27(Mon)16:58:02 編集
無題
本当。通りすがりさんの仰る通りだと思います。私は眞子さんの本を読んで、意識が変わり、保護活動への一歩を踏み出しました。眞子さんの矛盾を突いているようですが、なぜ、眞子さんを正しく評価できないのか、私にはあまり理解ができません。

たなべさんって私と同じ姓ですね。
どーでもいいですね、ごめんなさい^^;

同じたなべとして、私は眞子さんの言いたいことが分かるし、眞子さんの痛みを理解できる人でありたいと思います。

闇があると思うなら、闇を壊しましょうよ!

犬も猫も救えますよ! 救われますよ! 
ハハ URL 2010/12/28(Tue)23:13:23 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
twittin'
ここにいるよ
w/ your little help
recent comments
[07/02 NONAME]
[02/01 ももこひめ]
[11/28 NONAME]
[11/27 直樹]
[11/27 テンテン]
[11/27 テンテン]
[11/26 s_omega]
[10/27 小春]
[08/31 tunafishermann]
[07/22 よしだ]
[05/08 森内です。]
[04/26 くみほ]
[04/09 カオリ]
[03/18 はぐれコマドリ]
[03/16 はらだ]
[03/14 TT]
[01/20 anne mama]
[01/19 渡辺眞子]
[01/16 anne mama]
[01/08 阿部敏明(カプアンパパ)]
[12/12 nana]
[12/03 dekopika]
[11/20 ちょべ]
[10/23 想ちゃん]
[09/04 ひらたけいこ]
動物にまつわる本
visitors
無料で使えるプチアクセスカウンター
search
access analysis
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
♥ sozai:ふわふわ。り Template by hanamaru.