忍者ブログ
mako watanabe    ***   like the ocean we share, we are one in the same   ***               動物関連の記事を選びたい方は、カテゴリーの <ペット問題><@仕事> <動物福祉><動物関連イベント> からご覧ください。
[400] [399] [398] [397] [396] [395] [394] [393] [392] [391] [390]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

明日から6月だというのに、何このひんやり感。
まるで秋から冬になろうというムードではないか。

そんな中、午前中にミスママさんと待ち合わせて、ランチしながらバッチフラワーのセッションをしてもらった。
と共に、動愛法改正のポイントについて会話する、昼間からマジメなワタシタチ。





改正を求めるには、今ある法律の、どこが足りないか、何が不十分なのか説明する要望案が必要。
説明するには、法律を知らないと無理。
あまりに実現からかけ離れた内容も避けるべきで、これは段階を踏んで攻めるほうがいい。
一筋縄ではゆかないのだ。

話をしていて、だんだん頭がどんよりしてきた。
いやいや、そんなこと言ってる場合ではない。

とにかく5年に一度のチャンス。
私たち一般市民が係れる機会はめったにないことなので、一緒に勉強して参加しましょう。
法改正に向けては、各団体や会や議員や個人が改正ポイントをこれから出すところもあるし、すでに署名集めをしているところもある。
「動物のため」と、闇雲にサインするのでなく、きちんと内容を把握して、判断をした上で、納得してから署名をしましょう。

「動愛法を勉強しましょって、大勢に呼びかけてね」と、ミスママさんから申し渡されておりまする。
そのためにも、一度じっくり読んでみませんか?
環境省のサイト





左側のメニューにある動愛法と関連資料を読むと、あら意外なことが。
業者の基準なども、実は細かく書かれていたりする。
ならば、なぜこれが適用されないのか。
法律や文言の中で、何が欠けているかが見えてくる(はず……らしい……ようだ)。

動愛法には5年ごとに見直すとの附則がついており、その度に修正を重ねて、真に動物を護る法律へと育ってもらわねばならない。
来年が改正だからなのでなく、長丁場の取り組みだから、ちゃんと内容を知っておきたい。
取りあえず読んでいれば理解できてくる。
わかってくると、余所の団体や個人が出しているものの足りない部分と、私たちが求めるべきものが見えてくる。

拍手[25回]

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
E-MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
一個人で出来る事
ありがとう。早速読んでみます。
Mehedirohana URL 2010/06/01(Tue)14:05:16 編集
Re:一個人で出来る事
Mehedirohanaさん

最初は難しいですが、だんだん目が慣れてきますから。
【2010/06/01 23:39】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
calendar
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
twittin'
ここにいるよ
w/ your little help
recent comments
[07/02 NONAME]
[02/01 ももこひめ]
[11/28 NONAME]
[11/27 直樹]
[11/27 テンテン]
[11/27 テンテン]
[11/26 s_omega]
[10/27 小春]
[08/31 tunafishermann]
[07/22 よしだ]
[05/08 森内です。]
[04/26 くみほ]
[04/09 カオリ]
[03/18 はぐれコマドリ]
[03/16 はらだ]
[03/14 TT]
[01/20 anne mama]
[01/19 渡辺眞子]
[01/16 anne mama]
[01/08 阿部敏明(カプアンパパ)]
[12/12 nana]
[12/03 dekopika]
[11/20 ちょべ]
[10/23 想ちゃん]
[09/04 ひらたけいこ]
動物にまつわる本
visitors
無料で使えるプチアクセスカウンター
search
access analysis
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
♥ sozai:ふわふわ。り Template by hanamaru.