忍者ブログ
mako watanabe    ***   like the ocean we share, we are one in the same   ***               動物関連の記事を選びたい方は、カテゴリーの <ペット問題><@仕事> <動物福祉><動物関連イベント> からご覧ください。
[192] [191] [190] [189] [188] [187] [185] [184] [183] [182] [181]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

初めて動物問題の取材をしたのは、99年夏のこと。
企画が決まった帰り道に飛行機を予約し、一週間後にはサンフランシスコに飛んで10日間の滞在という、怠惰な私にあるまじき動き。

もともとサンフランシスコのシェルターがメインテーマだったため、帰国してから日本の現状を中心にすべく軌道修正した。
そこから、電話でアポを取って出向いてゆく日々がスタート。
ちょうど今ごろの季節だったけど、暑さを感じるゆとりもなかった。

あのころ、行政の担当窓口はどこもひどく頑なだった。
アプローチを試みた中で、平塚のセンター以外はやんわりとした門前払い。

自分が住む地元の対応も「ふれてくれるな」といったムードありありだった。
企画書を送り、電話攻勢で嘆願して、ようやく許された訪問のことは今もよく覚えている。

応対してくれた獣医師は、私の意見を聞きながらこめかみに指をあて、いかにも困っているふうにため息をついた。
私が「殺処分」と口にするたび「安楽死処分」と訂正した。

噛み合わないまま一時間もしたあと、動物の収容房に案内された。
事前に、職員とは話さないように言われていた。
獣医師は内部を案内しつつ、職員たちに「すみませんねえ」と、私がいることを詫びながら先を歩いた。

ペットショップさながらの、純血種が並ぶ小型犬のケージ。
明らかに重度の皮膚病を患う犬。
老いて、立ち上がるのさえ億劫そうな犬。

泣いたりするものか。
この人の前で、絶対に涙を見せるものか。
センターを出て、駅に向かって歩き出すまで必死にこらえた。

後日、一応の礼儀として印刷前の原稿をFAXしたら、速攻で戻ってきた。
二重線を引いて「安楽死処分」と訂正してある箇所を、もちろん私は無視した。
それは事実ではないから。

あれから10年が経った今。
あるセンターに取材を申し込んだところ、快く受けてくださった。

私は感謝して「原稿と写真は事前にご覧にいれます。県名を伏せるなど、条件があったら仰ってください」と伝えた。
すると彼は、こう言ったのだ。

チェックは必要ありません。
条件などありません。
あなたを信用して取材を受けるのですから。
私たちが殺してきたあの子たちの声を、あなたは伝えてくれると思っています。
そこにこちらの気持ちが介入したら、違うものになってしまうでしょう。

……動物行政の担当職員から、こういう言葉を聞く日が来たのだ。
感動した。

東京が良い結果を出し、その波を地方に広げてゆけたらと考えてきたのは間違いかもしれない。
動物行政も、地方の風が若くて熱い。
そして希望の匂いがする。



すべての生き物が、安心して暮らせる国になりますように

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
E-MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
はじめまして。
少しづつ変わってきてますよね行政も。みんなの努力がちょっとずつだけど、動かしてるのですね。すごいなぁ~
M&K 2009/08/15(Sat)22:29:45 編集
Re:無題
M&Kさん

こんにちは。
10年前、私は「全国の殺処分数、約65万頭」と書きました。
それが30万頭にまで減りました。

でも、まだ30万です。
すごい数字です。
変えてゆかなくてはいけないことが、まだまだたっぷりあるということです。
【2009/08/16 20:47】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
calendar
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
twittin'
ここにいるよ
w/ your little help
recent comments
[07/02 NONAME]
[02/01 ももこひめ]
[11/28 NONAME]
[11/27 直樹]
[11/27 テンテン]
[11/27 テンテン]
[11/26 s_omega]
[10/27 小春]
[08/31 tunafishermann]
[07/22 よしだ]
[05/08 森内です。]
[04/26 くみほ]
[04/09 カオリ]
[03/18 はぐれコマドリ]
[03/16 はらだ]
[03/14 TT]
[01/20 anne mama]
[01/19 渡辺眞子]
[01/16 anne mama]
[01/08 阿部敏明(カプアンパパ)]
[12/12 nana]
[12/03 dekopika]
[11/20 ちょべ]
[10/23 想ちゃん]
[09/04 ひらたけいこ]
動物にまつわる本
visitors
無料で使えるプチアクセスカウンター
search
access analysis
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
♥ sozai:ふわふわ。り Template by hanamaru.