忍者ブログ
mako watanabe    ***   like the ocean we share, we are one in the same   ***               動物関連の記事を選びたい方は、カテゴリーの <ペット問題><@仕事> <動物福祉><動物関連イベント> からご覧ください。
[236] [235] [234] [233] [232] [231] [230] [229] [228] [227] [226]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あれよあれよ……
土曜日のトークのことを書いてなかったのね……

お祝い気分なので、久しぶりにスカートにヒールなんていう出で立ちしてしまった。
そこまでは良かったんだけど、シャンパンを持ったら重かった。

そしてまた久しぶりに原宿に到着したらすでに足が痛い。
慣れない恰好で歩くから〜。

飯田監督と待ち合わせしたのは、表参道YHIギャラリーです。
「地球横断 犬猫ものがたり 浅岡恵写真展×小さな命を救うネットワーク」は21日(水)まで延長して開かれています。

ARKさん、CATNAPさんも活動も紹介して、存じ上げている方々にもお目にかかりました。
コーディネーターの牧さんとは、これから一緒に何かできそうな予感。
よろしくお願いしまーす。

このあと、飯田さんと一緒にユーロスペースへ!
入口には、ありました!



ホントに上映中!
エレベーターホールにも大きなポスターが!



何の打ち合わせもせず直前まで雑談して、2人で壇上に上りました。
それまで平常心だったのに、大きなスクリーンを背中にして観客の皆さんの顔を見たら胸がいっぱいに……。

本当にロードショーにこぎつけたんだね……
飯田さん、がんばりました……
と思ったところから、前回と同じくいっぱいいっぱいになってしまった。
まったく、ちゃんと喋れていなかったと思います。
お恥ずかしい。

飯田さんと私は、同じ旅を別々にしたようなもの。
たどったルートは少し違うけどね。

「あの場所では、彼はどれほど痛かったろう」
映画を見たあと思いました。
でも怖くて聞けなかった。

彼も、まったく同じことを考えてくれていたそうです。
そのときには、あちらも私に聞かなかった。

殺処分を見たとき、彼は車の後部座席で涙したそうです。
(結構、激しく)
私は……その直後にセンターの事務室に戻って質問したので、普通に喋っていました。

気付いたら、自分の手がぶるぶる震えていました。
「今後は定点定時収集をなくしてゆくお考えはありますか」なんて話しているのだけど、手はひどく震えてメモもぐしゃぐしゃでした。
帰宅してしばらくは、ちょっと大変でした。
それほどのことなのです。

知らないのは罪。
知ろうとしないのも罪。

飯田さんも私も動物問題に係ったきっかけは、偶然にも自分の企画ではありませんでした。
そして同じ現場に立ち、同じ罪を感じ取ったはずです。

でも彼よりも私の罪のほうが、遥かに重い。
なぜなら彼は動物と暮らす人ではなく、私は犬に育てられたようなものだから。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
E-MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
映像という間接的な平面であっても私はあの究極の場面は見れませんでした。だから直接現場に身を置いた渡辺さんや飯田さんの気持ちはどれほどだったか想像を超えるものがあります。彼らの生きる機会を奪ったのは人間。でも救ってあげられるのも人間であることに望みをかけて私にできる事をやっていきたいと思っています。トークショーの日「捨て犬を救う街」にサインをお願いしたおばさんより
ガイア 2009/10/19(Mon)21:50:22 編集
Re:無題
ガイアさん

土曜日は、どうもありがとうございました!
わさわさしていたものだから、ガイアさんのお名前をお入れしそびれてしまいましたね。
ごめんなさい。
次回には必ず。

古い本ですのに、わざわざお持ちいただいて嬉しかったです。
人それぞれ、できることは違います。
個人個人の得意分野からのアプローチが一番!
「頂上で会いましょう」という感じかな。

またお目にかかれますよね。
そのときまで、どうぞお元気でいらしてください。
【2009/10/20 21:11】
無題
名古屋では11月まで待たなければいけないのですが、早く観たいです。観たら激しく泣いてしまうのは分かっていますが。。。今日東京FM系列の朝の番組で、この映画が話題に上がり、家庭動物のしつけの専門家の方が電話で出演されていました。緊張されていたのかもしれませんが、もっとリスナーに捨てない、殖やさないといった点を強く言って欲しかったなともどかしかったな。

沢山の人の心にこの映画が残るように、そして今後のアクションに繋がるよう心から祈っています。
miho URL 2009/10/21(Wed)12:18:13 編集
Re:無題
mihoさん

11月なんて目の前です。
映画は怖がることなど全然ありません。
ほっこりしたり、うふふと笑ってしまったりする場面も用意してくれています。
mihoさんの周りの方々にもお声をかけてくださいね〜。
チラシのご用命はHPまで〜。
【2009/10/21 23:11】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
twittin'
ここにいるよ
w/ your little help
recent comments
[07/02 NONAME]
[02/01 ももこひめ]
[11/28 NONAME]
[11/27 直樹]
[11/27 テンテン]
[11/27 テンテン]
[11/26 s_omega]
[10/27 小春]
[08/31 tunafishermann]
[07/22 よしだ]
[05/08 森内です。]
[04/26 くみほ]
[04/09 カオリ]
[03/18 はぐれコマドリ]
[03/16 はらだ]
[03/14 TT]
[01/20 anne mama]
[01/19 渡辺眞子]
[01/16 anne mama]
[01/08 阿部敏明(カプアンパパ)]
[12/12 nana]
[12/03 dekopika]
[11/20 ちょべ]
[10/23 想ちゃん]
[09/04 ひらたけいこ]
動物にまつわる本
visitors
無料で使えるプチアクセスカウンター
search
access analysis
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
♥ sozai:ふわふわ。り Template by hanamaru.