忍者ブログ
mako watanabe    ***   like the ocean we share, we are one in the same   ***               動物関連の記事を選びたい方は、カテゴリーの <ペット問題><@仕事> <動物福祉><動物関連イベント> からご覧ください。
[98] [77] [97] [96] [95] [94] [93] [92] [91] [90] [89]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

数日前に歩いていたとき、すぐ目の前を疾風が走った!
なに?

色の配分が同じ

写真が探せなかったのだけど、飛んでいたのはツバメです。
巣作りの季節なのね。

近所のビル一階、駐車場の奥の壁に、器用に逆三角形の巣を製作中。
これはしばらく楽しみだと思っていた。

ところが今日、ぼんやり通り過ぎてしまったらしく、慌てて戻っても駐車場が見当たらない。

??? 
……そんなわけなくて、シャッターが下りている。

えっ、建築作業中のツバメはどうなる。
どこかに非常用の出入り口でもあるのか?

工事中断、あるいは移転?
明日またチェックせねば。

  

話は変って、うちのスズコ。
勝手に名付けているが、私のベランダのすぐ前にある電信柱に常駐する子雀だ。

すでに母親と同じサイズだというのに、すんごい甘ったれ。
よく電信柱のてっぺんで、いつまでーも、しつこーく鳴いて、母親を呼び続ける。

たまに親子でベランダに現れ、プランターの土をつつきまわし、砂遊びをする。
すると私は体を硬直させ、目だけ動かしてじっと見てる。

そう、私は鳥が好きなのだ。
本当はもっと身近にいてほしいのだけど、絶対に飼ってはいけないと小学生のとき心に決めた。

小学校の前で売っていたひよこ2羽と、ほしくてほしくて買ってもらったカナリヤを一羽、きちんと世話をせずに殺してしまった。
あのときの、ものすごい罪悪感と恐怖は忘れられない。

あれから何十年。
小鳥を飼育する人を、うらやましく思うことがある。
もうそろそろ、いいんじゃないかと考えたりもする。

でも、たとえ店で一番大きな鳥カゴを買っても、たとえベランダをそのまま鳥カゴにしても、きゅうくつだろう。
金網越しに見る空が、どれほど遠いだろう。

スズコと母親が遊びにきてくれれば十分。



拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
E-MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
calendar
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
twittin'
ここにいるよ
w/ your little help
recent comments
[07/02 NONAME]
[02/01 ももこひめ]
[11/28 NONAME]
[11/27 直樹]
[11/27 テンテン]
[11/27 テンテン]
[11/26 s_omega]
[10/27 小春]
[08/31 tunafishermann]
[07/22 よしだ]
[05/08 森内です。]
[04/26 くみほ]
[04/09 カオリ]
[03/18 はぐれコマドリ]
[03/16 はらだ]
[03/14 TT]
[01/20 anne mama]
[01/19 渡辺眞子]
[01/16 anne mama]
[01/08 阿部敏明(カプアンパパ)]
[12/12 nana]
[12/03 dekopika]
[11/20 ちょべ]
[10/23 想ちゃん]
[09/04 ひらたけいこ]
動物にまつわる本
visitors
無料で使えるプチアクセスカウンター
search
access analysis
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
♥ sozai:ふわふわ。り Template by hanamaru.