忍者ブログ
mako watanabe    ***   like the ocean we share, we are one in the same   ***               動物関連の記事を選びたい方は、カテゴリーの <ペット問題><@仕事> <動物福祉><動物関連イベント> からご覧ください。
[824] [823] [822] [821] [820] [819] [818] [817] [816] [815] [814]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

しばらく動物たちにまつわる問題に携わっておらず、関連本の読者の方々には心苦しく思っています。


春先になると親友は「新しいこと始めよう」と、言います。
今年は、困憊していたわたしを案じる一言と一緒に。
いつも心美しく、たおやかで、思いやりにあふれた彼女は、わたしのお守りのような存在。
彼女を含めて友だちと呼べる人たちが近くにいるのに、遠かった。
遠ざけていたのは他でもない自分自身。

「独りで何とか」と頑に思い続けてきた理由はなんだったのだろう。
恐らく子どもの頃からの呪縛のようなもので、専門家に相談したら母親との関係性にたどり着くのだと思う。
この年になって母親を持ち出すのもどうかと思うけど。

現在、書く仕事をお休みしています。
そのことを納得して、今は母がやり残した仕事を引き継いでゆくことを最優先させています。
自分の意志でそう決めたけれど、新しい環境が精神的&肉体的にハードだったり、心のどこかで不満が残ったり。

前置きが長くなりました。
2年間、余裕というものがありませんでした。
この活字好きが年間を通じて読んだ本は、インフルエンザのときに数冊のみ。
突発性難聴とメニエルと不眠。
体重10キロ近く減。
(これは喜ばしい)

不安で孤独で心細くて、そして必死の思いでした。
でも人に会うと「元気そうだねえ」と言われていたので、自分で自分を追い込んでいたのでしょう。
無理は続かないもので「独りで何とか」には限界が訪れ、喉元までいっぱいいっぱいになってしまった。
心がばらばらになりそうな、そのぎりぎりになったとき、誰かに聞いてもらわなくてはホントにだめになると気づいてSOSを発信したのでした。
遅いでしょと思う一方、よくぞ、とも思います。
だって、わたしには画期的なことだから。

児童書の作家であり、拙著に画を描いていただいて以来のお付き合いでもあるきたやまようこさんが、なんと翌日に駆けつけてくれました。
緊急措置で息を吹き返したものの、数日後リバウンドに陥ると共通の友人が派遣されました。
その彼女がいい仕事をしてくれて盛り返し、そこからまた別の友人へと、わたしの一大事への支援の手が差し伸べられました。

ようこさんは「頼ってくれて、ありがとう」と、言ってくれた。
人に頼ったり、甘えたりしてもいいと教えられるのはエポックで、長年の凝り固まったしこりがほどけて、ようやく解放されたような気持ち。

必要なときは助けを求めなくてはいけないんですよね。
壊れて手遅れになる前に、誰かに自分を委ねなければ。
だって、そうしなければ生きてゆけない。
そして大事な人を、わたしも助けたい。

長いこと連載させていただいた毎日新聞のコラムの最終回のラスト部分に、気づきというか、反省というか、ちょっと大げさに言えばこれからのわたしの指針のような一文を添えています。
縁あった相手を大切にして、愛しているとまっすぐに伝えようと。

この一ヶ月間は本当に底の底まで深く悩み苦しみ、ただでさえ軟弱なわたしは風が吹いただけで涙がこぼれる体たらくでした。
つらかったけれど、でも愛されていることを実感して、愛することを実感した日々でもありました。
自然の生命が生まれ変わるこの春に、わたしも新しくなろう。
たとえ少しずつでもね。

ありがとう。
そして、これからもどうぞよろしく。








飯田基晴さん明日は「犬猫ものがたり6」にてサロントークをされる模様。







もちろん、映画「犬と猫と人間と2」もよろしくお願いします。










拍手[19回]

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
E-MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
お久しぶりです。
お辛かったのですね。
でも、よく思い切ってお友達に信号を出されましたね。

『人』という感じを思い出してください。
ひとりじゃないですよね。
寄り添っている姿が人なのです。

私も誰かに寄り添ったり寄り添われたりしながら生きてきました。
心が頑なになっているときには、なかなか寄り添えないものですが、それでも待っていてくれる誰かがいるものです。

頭で理解できても心が開かなくては、その誰かに寄り添うことは難しいものですものね。
眞子さんが、信号を出し、寄り添うことができたこと、本当に嬉しいです。

思いっきり深呼吸して、新しい空気を身体いっぱい入れてください。
そして、新しい風を心にも身体にも感じさせてあげてください。
心も頭も和らかくし、すがすがしい毎日を送っていただけるよう祈っています。
ゆっぴー 2013/04/14(Sun)10:01:58 編集
calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
twittin'
ここにいるよ
w/ your little help
recent comments
[07/02 NONAME]
[02/01 ももこひめ]
[11/28 NONAME]
[11/27 直樹]
[11/27 テンテン]
[11/27 テンテン]
[11/26 s_omega]
[10/27 小春]
[08/31 tunafishermann]
[07/22 よしだ]
[05/08 森内です。]
[04/26 くみほ]
[04/09 カオリ]
[03/18 はぐれコマドリ]
[03/16 はらだ]
[03/14 TT]
[01/20 anne mama]
[01/19 渡辺眞子]
[01/16 anne mama]
[01/08 阿部敏明(カプアンパパ)]
[12/12 nana]
[12/03 dekopika]
[11/20 ちょべ]
[10/23 想ちゃん]
[09/04 ひらたけいこ]
動物にまつわる本
visitors
無料で使えるプチアクセスカウンター
search
access analysis
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
♥ sozai:ふわふわ。り Template by hanamaru.