忍者ブログ
mako watanabe    ***   like the ocean we share, we are one in the same   ***               動物関連の記事を選びたい方は、カテゴリーの <ペット問題><@仕事> <動物福祉><動物関連イベント> からご覧ください。
[741] [740] [739] [738] [737] [736] [735] [734] [733] [732] [731]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ごめんなさい!
昨日アップしたパブリックコメント記入例の送付先のメールアドレスとFAX番号が違っていたのを修正しました!
不注意でした。
ごめんなさい!!!

ちなみに、既にアップしてある「動物愛護管理のあり方について(案)(「動物取扱業の適正化」を除く)」に関する意見の宛先も別ですので、提出前には今一度のご確認をお願いします。



***********



施行例一部改正への意見はこちら。









意見の提出方法
以下のいずれかの方法で提出してください。
もうひとつのパブリックコメント(動愛法への意見)とはFAXとメールの送り先が異なるので、ご注意ください!

【方法1】 - 郵送:〒100-8975 千代田区霞が関1-2-2 環境省自然環境局総務課動物愛護管理室

【方法2】 - FAX:03-3581-3575

【方法3】 - メール: aigo-seirei@env.go.jp
(電子メールで送付の場合は意見をメール本文に貼りつけてください。添付ファイルはNGです)

平成23年12月7日(水)必着。

※「動物の愛護及び管理に関する法律施行令の一部を改正する政令案等の概要」に対する意見の全文と、他の資料の入手は環境省ホームページにてご確認ください。
また意見の中で案件の該当箇所を引用する場合(※1)は、ページも明記してください。
環境省ホームページ:http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14412

※ 個人情報は適正に管理されます

******************************************

参考:freepets のパブリックコメント例

「動物の愛護及び管理に関する法律施行令の一部を改正する政令案等の概要」に対する意見

1. 意見提出者名:(法人・団体の場合は団体名及び代表者名並びに本件担当者氏名及び所属部署名)
2. 住所:〒_____ _______________________________
3. 連絡先電話番号、FAX番号、メールアドレス:
4.意見:(※1 案件の該当箇所を引用する場合はページも明記してください)


「動物の愛護及び管理に関する法律施行例の一部を改正する政令案等の概要」についての意見


内容
(1) オークション市場の動物取扱業への追加
【意見】

・生体のオークション市場を将来的には禁止することを視野にいれて、動物取扱業に含めることに賛成します。

・生体のオークション市場においては、販売される動物の年齢やワクチン接種の有無等、トレーサビリティを確保するための具体的な生体の個別情報と取引内容の記録を作成し、繁殖業者、オークション業者等流通業者、小売業者の3者で5年間保存を義務づけることを追加してください(④のさらなる徹底化)。

【理由】

現行の登録手続、遵守基準等だけでは、現在、生体のオークション市場、およびそこで取引された動物の販売先で起こっている問題は解決しない可能性が高い。

そのためにも動物のトレーサビリティを確保し、問題発覚時に遡って調査ができるよう、作成した記録を繁殖業者、オークション業者等流通業者、小売業者の3者で5年間保存するという、さらなる徹底化を望みたい。


(2) 動物を譲り受けて飼養する事業者の動物取扱業への追加
【意見】

・動物を譲り受けて飼養する事業者を動物取扱業に含めることに賛成します。


(3) 犬及びねこの夜間展示の禁止等
【意見】

・犬及びねこの夜間展示を禁止することに賛成します。

・展示時間は上限8時間までとし、休憩を入れることとしてください。

・犬及びねこ以外の動物(ウサギやハムスターなどの小動物)も対象に含めてください。

・展示されていない時を過ごす場所は、その動物種の生態に合った広さを確保してください。

【理由】

「午後8時から午前8時までの展示を禁止する」と細目を改正した場合、最悪の場合には、「午前8時から午後8時までの12時間は展示が可能である」と解釈されうる。

そのため、上限を8時間とし、その間に休憩を入れることを細目に加えることが望ましい。

またウサギやハムスター等の小動物についても、犬やねこと同様に対象に含めるべき。

展示されていない休憩時間に、生態に合わない飼養施設に閉じ込められるのでは、個体の心身の健康が維持できず体が休まらないため、飼養施設の広さについても細目に含めることを希望します。


拍手[27回]

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
E-MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
繁殖場
初めてコメントさせて頂きます
先日、劣悪な繁殖場に行く機会がありました。
記事に書かれているような言葉では表現できない
壮絶で虐待そのもの
許可を下ろしてしまった登録も
今後、末梢する事が出来るのでしょうか
法律はどこまでメスを入れる事が出来るのでしょうか

はなこ 2011/11/25(Fri)22:55:47 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
calendar
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
twittin'
ここにいるよ
w/ your little help
recent comments
[07/02 NONAME]
[02/01 ももこひめ]
[11/28 NONAME]
[11/27 直樹]
[11/27 テンテン]
[11/27 テンテン]
[11/26 s_omega]
[10/27 小春]
[08/31 tunafishermann]
[07/22 よしだ]
[05/08 森内です。]
[04/26 くみほ]
[04/09 カオリ]
[03/18 はぐれコマドリ]
[03/16 はらだ]
[03/14 TT]
[01/20 anne mama]
[01/19 渡辺眞子]
[01/16 anne mama]
[01/08 阿部敏明(カプアンパパ)]
[12/12 nana]
[12/03 dekopika]
[11/20 ちょべ]
[10/23 想ちゃん]
[09/04 ひらたけいこ]
動物にまつわる本
visitors
無料で使えるプチアクセスカウンター
search
access analysis
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
♥ sozai:ふわふわ。り Template by hanamaru.