忍者ブログ
mako watanabe    ***   like the ocean we share, we are one in the same   ***               動物関連の記事を選びたい方は、カテゴリーの <ペット問題><@仕事> <動物福祉><動物関連イベント> からご覧ください。
[574] [573] [572] [571] [570] [569] [568] [567] [566] [565] [564]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

8日(火)の小委員会は初めて厚生労働省にて行なわれました。
内容は前回から引き続いて「動物取扱業の適正化」。
そうよ、ゼヒとも適正化しなくてはっ!







この日は朝からいろんなことでゴタゴタしており、微熱があり、加えて厚労省の暖房が強く……という言い訳がクドいのは、またしても殆どメモをとっていないからデス。
傍聴者の中には物凄い勢いで熱心にメモしている方がおられたので、何処かのブログに詳しいレポートがあるはず。
議事録が待てない方は、がんばって検索してみてください。







さて今回は飼養施設に関して、かなり長い時間を割きました。

*飼養施設(犬猫のケージの大きさ等の具体的数値規制の検討)

犬や猫を飼養する設備や構造について具体的な数値規制を設けるか否かについて。
温度、明るさ、騒音や臭気など、数字が示されることで通報する市民も取り締まる自治体も動き易いはず。
何より現状の自主規制に任せてはならないことは明白です。

意見は……
ひとつの目安、たとえば臭気に絞る。
いや、多角的であることが大事。
一人当たりの飼育頭数が重要なので、そこを規制すべき。
5つの自由のチェックリストを設ける。
法と連動した基準を設ける。
etc.

そこへ……
「劣悪なペットショップ、というが、何をもって劣悪とするか科学的根拠、学術的裏付けが必要」というお声が……
この会議で「科学的根拠」と「学術的裏付け」のふたつを何度聞いたことだろう。

ある程度の基準は設けるべきであろうというのが大方の意見。
具体的な数字が入るまでに至るかどうか……いや、弱気になってはイケナイ。








*業種追加の検討(動物の死体火葬・埋葬業)

……意見は
動愛法で死体の取り扱いを含めるべきだろうか。
ペットは家族、亡くなっても尊厳ある扱いをすべきなので動物取扱業に含める。
動愛法は生きた動物のためのものなので、それは違和感がある。
etc.

業者のヒアリングの日に私は欠席していたのですが、彼らは自ら業に含めて欲しいと積極的だったようです。
珍しいパターン。
昨年の埼玉の事件を起した業者のようにひどいところとは一線を画したいとの意図でしょうという座長の説明でした。

個人的には、次回以降にも業種追加の検討があるし、あまり増やしてもと考えます。
もちろん予算と人手が十分にあるなら別で、動物に係るものはすべて業に加えてしまいたいけど。
動物葬祭・埋葬法なんていう新しい法律をつくるのは大変なんだろうか。







*業種追加の検討(両生類・魚類販売業者)

意見は……
魚類を入れたら、昆虫はどうかということになる。
昆虫も入れるべき。
etc.

規制の対象動物について(犬猫に限るのか、動物全体か、など)取引される生き物は、気持ちはすべて規制対象としたい。
しかし要望案を読むと、小規模の小売業者の方々からの訴えがあります。
しかし金魚もカメも生き物……

現在、両生類や魚類を取り扱うのに届け出る必要すらありません。
何も規制がないところで、ゲーム機の中や夜店で息をする生き物がいるのです。
捨てられた魚やカメが繁殖して問題になっている現状もあります。

こうしたことに対する苦情があるのは、社会の要請があるということ。
それは社会的に重要なのだから、やらなければいけないと言う委員の一言に尽きると思いました。
(拍手をしそうになった)







現在、魚を取り扱う業者数は全国で1,500くらいとのこと。

こういうのもあるんです。
知りませんでした。
おさかなポスト







次回は22日。
体調と準備を整えないと。

拍手[18回]

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
E-MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
twitterよりお邪魔します
初めまして。twitterでフォローさせていただいております。

趣味で全国各地にある猫カフェを巡り歩いております。猫のことを大事に思い、家族同様に愛しているお店がほとんどですが、一方で劣悪なお店があるのも事実です。

それらのお店については、Blog上で批判を繰り返したものの改善することもなく、むしろ憤慨されることもありました。
臭気などについて数値的規制が行われれば、そのようなお店も改善せざるを得なくなるでしょう。今後を期待しております。
いなみっくす URL 2011/02/12(Sat)14:09:46 編集
私の町で
「捨て犬を救う街」を何度も何度も読んではワーワー泣いている者です。地元の犬猫を救うボランティアをしています。
さて、もし知恵を貸していただけたら…、と思い連絡させていただきました。
私の町の産業廃棄物業者がブリーダーがいらなくなった犬を生きたまま引取り処分している事が数日前に発覚しました。
私たちの会のブログに「夫がボイラーの点検で施設に入ってそれを知った。焼却炉には犬と思われる骨があった」という女性からの匿名のメールが来たのです。

私がそこを見に行ったら、信州の極寒の山に金網の犬舎があり、そこは鍵がかけられていて入れませんでしたが、犬が中で鳴いていました。
焼却炉もありました。

私が属する「いぬの会」の仲間が「産廃業者は韓国人や朝鮮人の事も多く、へたに行動すると家に火をつけられたりすることもあるかも。暴力団がかかわっているかも。」と言っています。

私たちはまだ会を始めたばかりで、法律的なこともわかりません。
でも誰も黙っている気はなく、できるだけの事をしたいと、県議会議員さんに相談したり、警察に相談したりもしました。
でも、解決策が見つかりません。

私たちは犬を本当に助けたいと思っています。
何かアドバイスがあれば、是非お願いします!
お忙しいのにすみません。
2011/02/16(Wed)15:05:49 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
calendar
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
twittin'
ここにいるよ
w/ your little help
recent comments
[07/02 NONAME]
[02/01 ももこひめ]
[11/28 NONAME]
[11/27 直樹]
[11/27 テンテン]
[11/27 テンテン]
[11/26 s_omega]
[10/27 小春]
[08/31 tunafishermann]
[07/22 よしだ]
[05/08 森内です。]
[04/26 くみほ]
[04/09 カオリ]
[03/18 はぐれコマドリ]
[03/16 はらだ]
[03/14 TT]
[01/20 anne mama]
[01/19 渡辺眞子]
[01/16 anne mama]
[01/08 阿部敏明(カプアンパパ)]
[12/12 nana]
[12/03 dekopika]
[11/20 ちょべ]
[10/23 想ちゃん]
[09/04 ひらたけいこ]
動物にまつわる本
visitors
無料で使えるプチアクセスカウンター
search
access analysis
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
♥ sozai:ふわふわ。り Template by hanamaru.