忍者ブログ
mako watanabe    ***   like the ocean we share, we are one in the same   ***               動物関連の記事を選びたい方は、カテゴリーの <ペット問題><@仕事> <動物福祉><動物関連イベント> からご覧ください。
[500] [499] [498] [497] [496] [495] [494] [493] [492] [491] [490]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日はだいじょうぶかな。
まぁ、だいじょうぶそうかな……と、体調が怪しい毎日。

取りあえずどこも痛くなくて、食べ物が美味しければ、それだけで幸福。
そして、すごく稀なことなんだ。
健康なときは露ほども思わないけどね。

で、今日はだいじょうぶそうだし、明日一日休めるのでミグノンへ。
freepets グッズの袋詰め内職が、妙に手慣れてテキパキしているワタシタチ。
動愛法改正に向けた署名もよろしくね!







以下は昨日の続きです。

<4>ブリーダー関係業者

自身が獣医師である理事曰く、繁殖が好きで育てるのが好きだからブリーダーになった。
社会化期は犬種により異なるので、その担保の手段として販売日齢の下限を決めるのは科学的と言えない。
決めたとしても、ごまかして登録をされたら確認できない。
(確認できないなら、血統書自体が信頼できないですね)

毛色や品種に対して疑問を持たれた場合は調査員を出し、DNA鑑定を行なう。
そこで違反が発覚したら最高5年間の資格停止。
これは事実上の廃業に等しい。

繁殖制限措置について。
連続して繁殖して構わない。
人為的に何度も発情を見送るのは、逆に生殖器障害の原因となる。
繁殖年齢を制限することは、高齢でも出産できる動物の遺伝子を守り、健康で長命の犬をつくりあげることと矛盾する。


<5>動物取扱業者の協会

動物取扱業者(小売、トリミング、繁殖、訓練士、ペットホテル、展示業、レンタル業等)が中心となり、業界の発展及び地位向上のための広報活動を行う。
会員数は3700で、業界3割を占める。
流通外動物(流通に乗らなかった)の数は全体の2%で、1万4000頭。

インターネット販売、移動販売は説明責任を果たすことが難しく、アフターフォローも行なえないため反対で、十分な規制が必要と考える。
販売の日齢制限は科学的根拠がないことから反対し、自主規制に委ねるべき。
(会員は40日前後で販売している)
犬猫の深夜販売はやめるべき。


拍手[34回]

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
E-MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
calendar
12 2017/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
twittin'
ここにいるよ
w/ your little help
recent comments
[07/02 NONAME]
[02/01 ももこひめ]
[11/28 NONAME]
[11/27 直樹]
[11/27 テンテン]
[11/27 テンテン]
[11/26 s_omega]
[10/27 小春]
[08/31 tunafishermann]
[07/22 よしだ]
[05/08 森内です。]
[04/26 くみほ]
[04/09 カオリ]
[03/18 はぐれコマドリ]
[03/16 はらだ]
[03/14 TT]
[01/20 anne mama]
[01/19 渡辺眞子]
[01/16 anne mama]
[01/08 阿部敏明(カプアンパパ)]
[12/12 nana]
[12/03 dekopika]
[11/20 ちょべ]
[10/23 想ちゃん]
[09/04 ひらたけいこ]
動物にまつわる本
visitors
無料で使えるプチアクセスカウンター
search
access analysis
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
♥ sozai:ふわふわ。り Template by hanamaru.