忍者ブログ
mako watanabe    ***   like the ocean we share, we are one in the same   ***               動物関連の記事を選びたい方は、カテゴリーの <ペット問題><@仕事> <動物福祉><動物関連イベント> からご覧ください。
[222] [221] [220] [219] [218] [217] [216] [215] [214] [213] [212]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



覚えてますか?
介助犬訓練生のひかりちゃん。

今日は先輩と一緒です。
イケメンのフレーザー。




都内の小学校にて、年に一度の交流学習の日でした。
児童は3年生、約30人(少子化を実感しました)。


最初に介助犬トレーナーさんから補助犬の仕事についてのレクチャーがあり、そのあとユーザーさんのお話が続きます。
人の障害について学ぶ貴重な機会でもあり、私も勉強になりました。

その後、フレーザーによるデモンストレーションが始まると、子どもたちのテンションは一気にアーップ!

フレーザーは冷蔵庫からペットボトルを取り出し、冷蔵庫の扉を閉めて(これ大事)、ユーザーさんに飲み物を運びます。
携帯電話も、コインだって拾います。



子どもたち、興奮!



「やってみたい人!」
トレーナーさんの声に、我も我もと大騒ぎ。

選ばれた子の手元にも、フレーザーはちゃんと持ってゆきます。
偉い!



このあともいろいろな場面があり、ひかりちゃんおさわりタイムがあったりしたのだけど……デジカメのバッテリーが切れてしまったの……。
今日も同行してくれた担当編集者、ヨシコちゃんがナイスショットを撮っていたら追加でアップしますね。

このあと、ユーザーさんとトレーナーさんとデニーズへ行きましたのよ。
もちろん、フレーザーも一緒にね(鼻高々)。
長話になってしまい、ちょっとフレーザーに悪かったな。
今度、美味しいものをごちそうするからねっ!

人と犬の間に育まれる強い絆とか、犬が人に寄せる信頼の深さとか、私はよく知っているつもりでいます。
それでも、人と犬のカップルの数だけ心を揺さぶられるストーリーがあります。



ところで、路上に落ちているガムが犬の肉球に付くと病院で薬を使って剥がさなくてはならなくて、そのとき皮膚も取れてしまうそうです。
また、ガムが車椅子のタイヤに付くのも非常に困ることだそう。
当たり前のことだけど、ガムは紙に包んで、他のごみ同様に持ち帰って捨てましょう。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
E-MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
calendar
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
twittin'
ここにいるよ
w/ your little help
recent comments
[07/02 NONAME]
[02/01 ももこひめ]
[11/28 NONAME]
[11/27 直樹]
[11/27 テンテン]
[11/27 テンテン]
[11/26 s_omega]
[10/27 小春]
[08/31 tunafishermann]
[07/22 よしだ]
[05/08 森内です。]
[04/26 くみほ]
[04/09 カオリ]
[03/18 はぐれコマドリ]
[03/16 はらだ]
[03/14 TT]
[01/20 anne mama]
[01/19 渡辺眞子]
[01/16 anne mama]
[01/08 阿部敏明(カプアンパパ)]
[12/12 nana]
[12/03 dekopika]
[11/20 ちょべ]
[10/23 想ちゃん]
[09/04 ひらたけいこ]
動物にまつわる本
visitors
無料で使えるプチアクセスカウンター
search
access analysis
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
♥ sozai:ふわふわ。り Template by hanamaru.