忍者ブログ
mako watanabe    ***   like the ocean we share, we are one in the same   ***               動物関連の記事を選びたい方は、カテゴリーの <ペット問題><@仕事> <動物福祉><動物関連イベント> からご覧ください。
[844] [843] [842] [841] [840] [839] [838] [837] [836] [835] [834]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本業であるはずの書く仕事から少しずつ遠ざかって、おろそかになって、早や3年。
『犬と、いのち』が書店に並んだのが2010年なので、本当に久しぶりの新刊を上梓できそうです。
それはそれで、とてもうれしいことなのだけれど、ここで問題が……。

今回は初めての絵本。
挿画は愛する、どいかやさん。
という幸運に恵まれて、昨春に脱稿していました。
そして昨年末、かやさんの時間ができたところでラフ画に文章がついたものを前に打ち合わせし、このお正月休みに校正をする予定でした。

校正というのは、いったん「これでよし!」と手放した原稿に再び新たな気持ちで向き合う機会です。
大変だけれど楽しい、書き手としての醍醐味を味わう時間でもあります。
ゲラが真っ赤っかになるのは「仕上げのお化粧」なのか「最後のあがき」か、とにかく心残りないようにと力が入る作業です。

たのしみに、本当にたのしみにしていた時間。
一ページを開き、次のページをめくり、読み進み、読み終えたとき、自分に対するショックを覚えました。
ゲラを読むわたしの心に、別のことばも、他の言い回しも、新しい一行も、浮かばない。
目の前にある白い紙には、真っ赤どころか一点の赤いシミすらない。

ひとつの世界から長く遠ざかるというのが、どういうことなのか実感しました。
わたしの中から、ことばたちが消えてしまった。
祈るような気持ちで、読者の方たちに伝えてきたことばが。。。

今は毎日がめまぐるしく過ぎていて、自分の仕事にじっくり集中できる時間が限られているので、気分転換して何とか余裕をつくれば違うかな。
どうしてこう次から次へと、いろいろあるかな。
まちがいなく、人生でもっとも高密度なタームです。









拍手[9回]

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
E-MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
きっと帰ってきます!
経営者と作家の両立というと、先日亡くなった堤清二=辻井喬さんのことを思いました。堤さんと辻井さんはまるで別人格のようでしたが。
眞子さんに比べれば小さな悩みですが、私も、仕事とボランティアの両立にずっと悩んでおります。どちらも大切なものと思っているからです。
眞子さんの創作活動も、会社経営に努力されてることも両方とも尊敬しております。絵本の完成を楽しみにしています。
阿部敏明(カプアンパパ) URL 2014/01/08(Wed)02:07:50 編集
calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
twittin'
ここにいるよ
w/ your little help
recent comments
[07/02 NONAME]
[02/01 ももこひめ]
[11/28 NONAME]
[11/27 直樹]
[11/27 テンテン]
[11/27 テンテン]
[11/26 s_omega]
[10/27 小春]
[08/31 tunafishermann]
[07/22 よしだ]
[05/08 森内です。]
[04/26 くみほ]
[04/09 カオリ]
[03/18 はぐれコマドリ]
[03/16 はらだ]
[03/14 TT]
[01/20 anne mama]
[01/19 渡辺眞子]
[01/16 anne mama]
[01/08 阿部敏明(カプアンパパ)]
[12/12 nana]
[12/03 dekopika]
[11/20 ちょべ]
[10/23 想ちゃん]
[09/04 ひらたけいこ]
動物にまつわる本
visitors
無料で使えるプチアクセスカウンター
search
access analysis
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
♥ sozai:ふわふわ。り Template by hanamaru.