忍者ブログ
mako watanabe    ***   like the ocean we share, we are one in the same   ***               動物関連の記事を選びたい方は、カテゴリーの <ペット問題><@仕事> <動物福祉><動物関連イベント> からご覧ください。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

よくフェイスブックを見てくださる方から言われるのは「チョコレート好きなのね」。
オフィスでつまんだチョコレートの写真を頻繁にポストしているものだから、指摘されて当然。
がしかし、実は好きでもないと答えたら、おかしいと思われるかな。

実際のところ、特に好きでもないのです。
もちろん甘いものは好きだけれど、どちらかというと和菓子派で、昔から他の女の子のようにチョコレートそのものに魅力を感じることはなかったし、いろいろなお菓子があったらチョコレート以外を選んでいたし、ケーキも同様でした。
プレゼントやお土産に高価なチョコレートをいただいても、一粒でじゅうぶん。
というか、ひとつが甘すぎて残すことも。

それが今や、恐ろしいことにパッケージを食べきるわたし。
いつからだろうと考えたら、会社に通うようになったころと重なります。
なるほど。。。
甘いものはストレス解消だものね。

そこでふと思い出したのが、以前に見たアメリカのテレビ番組でした。
女主人公は chocoholic 、まさにチョコレート中毒。
デスクの抽き出しに大きなチョコレートを忍ばせていて、仕事が一段落するとかぶりついていました。
恍惚の表情で、軽くうなりながら。

彼女と同じく、わたしのオフィスの抽き出しにもチョコレートが3種類待機中。
けれど、わたしの場合は「チョコレートたべたい!」とは思わないのに、どうしてこうも欲するのだろう?
こういうのも中毒なのかしらね。。。
ちなみに家では、まったく食べません。

健康診断では医師から「甘いものを控えるように」とアドバイスされていたのが、先日は整体の先生にまで言われてしまいました。
チョコレート過剰という自覚があったもので、しばらく買い控えしていたのに、先日はまたスーパーで幾つも選んでしまった。
心に負荷を感じたとき、手が伸びるようです。

今もまた、輸入物のカラフルな一袋が空になりました。
胃の中がどろ〜んとなって重たく、ストレス解消のはずなのに、それで解消される訳でもなし、となるとなぜ食べるのか?




























拍手[3回]

PR
しつこくて、ごめんなさいね〜。
法律の一部改正により犬猫の生体展示は8時から20時です。
しかし猫カフェだけは適用除外され、経過措置をとられていました。
業界側の「夜間の展示が禁止されるのは営業に支障が出る」「夜行性の猫を夜間にケージに閉じ込めるのはストレスになる」という声を受け入れてのことですが、そもそも、なぜ猫カフェだけ例外と認められたかも、そして経過措置の延長も、理由がわかりません。
そして今日までの経過措置の期間に、何らかの調査結果はあってのことなのかしら?

環境省は、猫カフェの夜間展示規制を適用除外とする経過措置の延長について、パブリックコメントを募集しています。
ご意見を書いて、下記の宛先まで。
(難しく考えず、ただ経過措置についてどう思うかだけでも構いません)

件名に「動物の愛護及び管理に関する法律施行規則の一部を改正する省令案等に対する意見」と明記のこと。
本日必着なので、お早めにお願いしますね♥

fax 03-3581-3576
aigo-yakantenji☆env.go.jp (☆を英字のアットマークに)












拍手[5回]

わたしも秋には自主上映会をもくろんでおります。


******************************
「犬と猫と人間と2」ニュース Vol.12 2014.3.7発行
発行:映像グループ ローポジション/合同会社東風
******************************

-----------------------------------------------------------
1.新着ニュース
-----------------------------------------------------------
1.DVD発売日が決定!

『犬と猫と人間と2 動物たちの大震災』DVDパッケージ
ふたたび、いのちをめぐる旅が始まる。

2014年5月24日(土)発売
価格:¥3.800(税別)

<特典映像 65分>
○-1年後の「犬と猫と牛と人間と」-
・石巻篇「絵画、飼主に帰る」8分
・福島犬猫篇「飯舘村-レスキューというよりケア-」16分
・福島牛篇「ふたりの牛飼い」10分
○完成上映会 出演者・スタッフ挨拶 17分
○予告編 2分
○ローポジション作品紹介 12分

<封入特典>
リーフレット

2013年/16:9/104分/片面2層/リージョンフリー
副音声:音声ガイド(視覚障害者向け)/英語字幕/日本語字幕(聴覚障害者向け)

品番:KKJS-176 発売:映像グループ ローポジション 販売:紀伊國屋書店

紀伊國屋書店ウェブサイトにて予約受付開始!
http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-10-4523215109826

Amazonでも予約受付開始!
http://p.tl/ye8p


2.CSテレビ「衛星劇場」にて放送されます!

3/8(土) 13:30
/11(火) 11:30
/26(水) 18:15
4/7(月) 11:30
/18(金) 11:00

※放送はクローズドキャプションを採用しており、
聴覚障害のある方にもお楽しみいただけます。

詳細はこちらから。
http://www.eigeki.com/genre?action=index&category_id=2

-----------------------------------------------------------
2.震災3年目
-----------------------------------------------------------

季節めぐり、3月啓蟄。
今年は例年にない雪とともに、冬の寒さも長く感じました。
僕の暮らす宮城県でも各地で数十年ぶりという積雪を記録し、
溶けぬうちからとめどなく降り積もる雪に恐ろしさを覚えました。

このところ全国で打ちつづく自然災害を見聞きするにつけ、
現地の犬と猫と、それから牛(をはじめとする家畜動物)は
どうしているかと思いいたります。
本作を通しての出逢いがなければ、そうした思いには僕自身
きっと至らなかったように思います。

各地で、上映の機会をつくり上げて下さるすべての方に、
心より感謝を申し上げます。

震災の日を、今年は福島で迎える予定です。
ふだん、祈ることも願うことも縁遠い身ですが、
この日は素直に祈り、願いたいと思います。

-----------------------------------------------------------
3.劇場情報
-----------------------------------------------------------
【まもなく公開】

●東京都 キネカ大森 03-3762-6000

日程:3月8日(土)~3月14日(金)
時間:8日のみ 10:40/14:20/18:00
9日~14日 12:35/16:20
※8日(土)18:00の回上映後、飯田プロデューサートークあり

劇場HP:http://www.ttcg.jp/cineka_omori/

●宮崎県 宮崎キネマ館 0985-28-1162

日程:3月8日(土)~3月14日(金)
時間:12:00/18:00
劇場HP:http://www.bunkahonpo.or.jp/cinema/

【順次公開】

●福岡県 KBCシネマ 092-751-4268

-----------------------------------------------------------
4.自主上映情報
-----------------------------------------------------------
3月、4月の上映会は「犬と猫と人間と」が3件、
「犬と猫と人間と2」は公開・非公開を合わせ20件が
予定されています。
DVDやテレビ、劇場では味わえない手作りの上映会の
魅力は、なんといってもそこに集う人との出逢い。

上映会とともにイベントやトークも目白押しですので
ぜひ足をお運び頂けたら幸いです。

<近日開催予定の公開上映会はこちら>
http://inunekoningen2.com/jyouei/schedule.html


◇「犬と猫と人間と」◇

■東京都町田市

日時:3月8日(土)13:20開場 13:40上映
会場:町田市民フォーラム
住所:東京都町田市原町田4-9-8 (サウスフロントタワー町田内)
料金:無料
主催:日本大学VAC TATパート
共催:学生団体PAW
協賛:NPO法人 フレンズ・オブ・アニマルズ
mail: juntama@athena.ocn.ne.jp(担当 田中)

■茨城県水戸市

日時:3月15日(土) 9:50上映
会場:茨城県総合福祉会館コミュニティホール
住所:水戸市千波町1918
料金:500円
主催:水戸ご当地上映会実行委員会(仮)
TEL:050-3553-0310
mail:najiko-mitojouei@memoad.jp
http://minnanoeigakaidappe.blog.fc2.com/

■熊本市

日時:4月12日(土) 15:00
会場:市民会館崇城大学ホール 大会議室
住所:熊本県熊本市中央区桜町13
料金:1,000円(定員100人)
主催:3.11からはじまるいのち。シネマアクト2014実行委員会
tel: 080-4273-3609
mail: 311cinema.act@gmail.com
https://www.facebook.com/311cinemaact.kumamoto


◇「犬と猫と人間と2 動物たちの大震災」◇

■神戸市

日時:3月8日(土) 13:30開場 14:00上映
会場:神戸市立こうべまちづくり会館 2階ホール
住所:神戸市中央区元町通4-2-14(元町商店街)
料金:1,000円(先着80名)
主催:NPO法人青年協議会 関西
TEL: 090-6855-8663 (齊藤)
mail: seinenkyougi.kansai@gmail.com

■栃木県足利市

日時:3月9日(日)13:30開場 14:00上映
会場:足利市助戸公民館ホール
定員:150名(先着順)
料金:無料
主催:「がんばろう 東北!」応援プロジェクト足利風
共催:足利市教育委員会
後援:あしかが子育て応援ネット
(公社)栃木県獣医師会足利班
避難者に寄り添う市民ネット足利
問合せ:足利市民活動センター内
「がんばろう 東北!」応援プロジェクト足利風
TEL: 0284-44-7311(担当:鈴木)
mail: info@shimin-act.jp

■埼玉県所沢市

日時:3月9日(日) 14:00上映
会場:小手指公民館分館
住所:所沢市小手指町4-22-2
料金:1,000円
主催:生活クラブ生協・所沢南支部運営委員会
tel: 042-923-3937
mail: momo.sachiko@jcom.ne.jp

■東京都江戸川区

日時:3月9日(日) 13:30開場 14:00上映

※上映後の催し
トークショー「盲導犬ユーザーの震災」
プレゼンテーション「今、わたしたちにできること」
報告「被災動物の当時と今」

会場:清新町コミュニティ会館
住所:江戸川区清新町1-2-2
料金:1,500円
主催:一般社団法人 盲導犬総合支援センター
TEL: 03-5452-1323
mail: iwama@goguidedogs.jp
http://www.goguidedogs.jp/

■大阪市

日時:3月11日(火) 13:00受付 13:30上映

※ゲストトーク
「東日本大震災が生んだ、現実とこれから」
児玉 小枝さん(フォトジャーナリスト)
机 美鈴さん(朝日新聞記者)

会場:大阪経済大学 大隅キャンパス D館1階D10フォーラム
住所:大阪府大阪市東淀川区大隅228
料金:無料(先着200名)
主催:大阪経済大学 本村ゼミ
後援・問合せ:大阪経済大学 地域活性化支援センター
tel: 06-6328-2431
http://www.osaka-ue.ac.jp/life/openlecture/

◎申込み
締切:3月6日(木)
方法:下記URLにアクセスして、申込フォームに必要事項を
入力して送信してください。
https://area11.smp.ne.jp/area/card/181/iaKN3h/M?S=oemj4ljt4k

■茨城県水戸市

日時:3月15日(土) 12:35上映
※宍戸監督によるトークあり

会場:茨城県総合福祉会館コミュニティホール
住所:水戸市千波町1918
料金:500円
主催:水戸ご当地上映会実行委員会(仮)
TEL:050-3553-0310
mail:najiko-mitojouei@memoad.jp
http://minnanoeigakaidappe.blog.fc2.com/

■神奈川県横須賀市

日時:3月16日(日) 13:00開場 13:30上映
会場:ヴェルクよこすか6Fホール(旧 勤労福祉会館)
住所:横須賀市日の出町1-5
料金:1,300円(前売り1,000円)
主催:ねこじゃらし工房
tel:090-7190-1544(中田)
mail: nonnon.nekojyarashikobu@gmail.com
http://ameblo.jp/non-non0112/

■京都市

日時:3月16日(日) 15:15上映

※3月15日~19日まで同会場にて「震災で消えた小さな命展
複製画展」の展示がされています。16日の14:30~は命展
主催者のうささんによるトークも予定されています。

会場:立命館大学国際平和ミュージアム
住所:京都市北区等持院北町56-1
料金:無料
主催:立命館大学独立研究科事務室
mail:doku-ken@st.ritsumei.ac.jp
http://www.ritsumei.ac.jp/mng/er/wp-museum/


■北海道中標津町

【1(ワン)・2(ニャン)・3(SUN)ダーフェスティバル】

日時:3月21日(金・祝) 13:00 上映
会場:ウエディングプラザ寿宴
住所:北海道標津郡中標津町東三条北1丁目8
料金:無料
主催:中標津わんにゃん一家
tel: 0153-77-9099

■神奈川県座間市

日時:3月23日(日)1回目 10:30上映/2回目 14:00上映
※阿部智子さん(アニマルクラブ石巻代表)
宍戸監督によるトークあり
会場:ハーモニーホール座間・小ホール
住所:座間市緑ヶ丘1-1-2
料金:(前売)1,000円/高校生以下700円
(当日)1,200円/高校生以下800円
主催:犬と猫と人間と2 座間上映会実行委員会
後援:座間市教育委員会
問合せ:コーヒーノート
TEL/FAX:046-254-2282
mail:info@coffeenote.com

■東京都千代田区

「3.11映画祭」にて上映

日時:3月27日(木)13:00上映
会場:アーツ千代田 3331内 特設ギャラリー
住所:東京都千代田区外神田6-11-14
料金:1,000円(前売り700円)
主催:一般社団法人非営利芸術活動団体 コマンドNわわプロジェクト
tel:03-3518-9101
mail:info@wawa.or.jp
http://311movie.wawa.or.jp/

■山口県下関市

日時:3月30日(日) 14:00上映

※13:00~「いぬとねことにんげんと」(ダイジェスト版)
の無料上映を予定しています。

会場:下関市勤労福祉会館
住所:山口県下関市幸町8-15
料金:1,000円
主催:関門ドキュメンタリー映画自主上映会
tel: 080-2946-8943
mail: kanmond@gmail.com
http://kanmon-d.ldblog.jp/

■神戸市

日時:4月16日(水) 9:45上映
会場:北神区民センター
住所:兵庫県神戸市北区藤原台中町131
料金:1,000円
主催・問合せ先:NPO法人青年協議会 関西
tel: 090-6855-8663 (齋藤)
mail: seinenkyougi.kansai@gmail.com

■東京都町田市

日時:4月26日(土) 1回目 14:30上映/2回目 18:30上映
※宍戸監督によるトークあり
会場:町田市民フォーラム
住所:町田市原町田4-9-8
料金:1,000円
主催:まめちびくらぶ(今立)
TEL:042-721-1322
mail:qojuyu@jcom.home.ne.jp

-----------------------------------------------------------
5.自主上映会募集!
-----------------------------------------------------------
「経験が無いので不安」、「お客さんが集められないかも」etc。

そんな悩みや不安には映画配給の仕事師,東風の
若手スタッフたちが優しく丁寧にサポートいたします。
ぜひご一緒に上映会をつくりあげてみませんか?

<お問合せ&申し込み>
合同会社 東風
MAIL:info@inunekoningen.com
TEL:03-5919-1542(平日11:00-18:00)
FAX:03-5919-1543
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-4-1 新宿Qフラットビル306

<詳細>
詳しくは、こちらの「上映会の手引き」をご覧ください。
http://inunekoningen2.com/jyouei/

-----------------------------------------------------------

■映画の公式Facebookページはこちら!
http://www.facebook.com/inunekoningen2

イベントや上映情報などを随時更新していきます。
映画を観た感想などもお寄せ頂けましたら幸いです。

以上、詳しくはHPで! http://www.inunekoningen2.com/
転送・転載大歓迎です。

拍手[7回]

毎年、この季節に訪れるどんよりイベント。
自分の分の他に、母が亡くなってからは家と会社の申告もあるので、それはそれははっちゃきにならないと終わらへんのですわ。

昨日、今日と、家でしっかり食べてから出社し、戦闘に臨んだのでありました。
いつも思うことは同じで、「去年の申告を終えたら、今年こそ毎月こまめに帳面つけしよう」。

昨年の手帳と照らし合わせながら領収書を一枚ずつ確認していると、一年前のその日がよみがえってくる。
楽しかったとか、美味しかったとか、あんなふうに感じていたなあとか、そのときどきの情景や自分の気持ちを思い出す作業は、きらいではない。

悲しくて、毎日泣いていたあのころ。
お昼休みは足を引きずるように、わたしのスターバックスに行ってラテを注文し、ただ外を見てぼんやり過ごした。
ラテだけ記されたレシートが3日も4日も続いていて、当時のどうしようもなさを思い出した。

どうしたら乗り越えられるのかは、人生の先輩たちから。
慰めと、励ましと、支えは友人たちから。
そうして時間が、ちゃんと流れてくれた。

ラテだけだったスターバックのレシートに「桜フレーバー」とか「抹茶パウダー増量」とか印刷されるようになった。
あたたかな春になると、中華粥やらガレットやらのランチをしている。
その帰りに、花を買ったレシートも増えた。
そうだ、ほんとにつらいときは、花を買う余裕すらなかったんだ。

乗り越えられる日がくるなんて思わなかった。
どうしてそんなふうに考えてしまったのかな。
結局、人の心は強いのだ。
傷はいつしか癒えるし、何度だって立ち直れる。








拍手[12回]

たくさんの方たちと共有したい作品です。
1のときのように、今秋の動物愛護週間には地元で自主上映できないかな。

来月開かれる福島県いわき市でのトークイベントでは、被災地福島の犬と猫と人間たち、その現状や活動、そしてこれからが語り合われるのでしょう。
ぜひご参加ください。

********

【イベント概要】
◆1.タイトル
●上映会「犬と猫と人間と2 動物たちの大震災」
●トークイベント「福島の『犬と猫と人間』は、今… ~被災した動物たちと飼い主の“これから”を考える~」
◆2.日時 2014 年2月23 日(日) 上映会11:00~13:10 トークイベント14:00~16:00
◆3.会場 いわき芸術文化交流館アリオス「中劇場」 http://iwaki-alios.jp/institution/main_theater.html 〒970-8026 福島県いわき市平字三崎1 番地の6
◆4.出演者
【上映会(舞台挨拶)】 宍戸大裕さん(「犬と猫と人間と2 動物たちの大震災」監督) 鈴木理絵さん(「LYSTA~動物たちに光と再生を。」代表)
【トークイベント】 宍戸大裕さん(「犬と猫と人間と2」監督) 鈴木理絵さん(「LYSTA~動物たちに光と再生を。」代表) もるさん(相馬郡飯舘村/「ちーむぼんぼん」メンバー) 千代田信一さん(双葉郡双葉町/千葉県千葉市に中古住宅を購入し転居) 高橋のり子さん(南相馬市/福島市内の借り上げ住宅で避難生活)
◆5.定員 上映会:400 名 トークイベント:400名
◆6.参加費 上映会:前売り・事前予約1000円/当日1200 円 トークイベント:500円
◆7.参加申込み 下記いわき市上映会・トークイベント特設サイトからご確認ください。
◆8.主催 LYSTA~動物たちに光と再生を。 「犬と猫と人間と2」“わたしとあなたにできること”プロジェクト
◆9.後援 いわき市 いわき市教育委員会
-----------------------------------------------
◆いわき市上映会・トークイベント特設サイト http://inunekoningen2-iwaki.jimdo.com/
◆“わたしとあなたにできること”プロジェクト http://www.inuneko2dekirukoto.jp/
◆LYSTA~動物たちに光と再生を。 http://ameblo.jp/lystoanimals/
*********************
★協賛金のお願い★
*********************
いわき市上映会・トークイベントの運営費用に充当するための協賛金を募集いたします。この上映会とイベントは参加費収入および皆様からの協賛金収入で運営しております。被災した動物たちや飼い主さんの声を届けるために、皆さまのご支援をお待ちしております。
http://inunekoningen2-iwaki.jimdo.com/協賛金のお願い/

【協賛金目標金額】35万円
※現在の金額:7万5千円(2014年1月28日現在)











拍手[9回]

体が不自由な方の社会参加をサポートする盲導犬、介助犬、聴導犬を総じて「補助犬」と呼びます。
彼らは身体障害者補助犬法によって社会的に認められており、公共の施設や交通機関、民間施設などを利用できることになっていますが、その法律どころか補助犬ユーザーさんの権利についてご存知ない方は未だに少なくなく、お店の出入りを断られるケースがあります。

補助犬のユーザーさん何人かにお目にかかり、お話を伺ったことがあります。
中にはもともと犬と暮らした経験がない方も、犬自体に興味がなかったという方もおられました。
でも補助犬と暮らそうと決め、合同訓練を重ねて心が通じた(これ以外の表現が、わたしには見つかりません)一人と一頭の間には確固たる信頼関係がうまれています。

一人の視覚障害者の方が言っておられました。
白杖を使っていたときも特に問題なく歩けたし、盲導犬のケア(日々の食餌や健康管理)は一仕事。
けれど、そんなこと以上の精神的な安らぎや心強さを受け取っているのです、と。


介助犬:普及目指しキャンペーン、実技に拍手 福岡















拍手[9回]

******************************
 「犬と猫と人間と2」ニュース Vol.11  2014.1.21発行
  発行:映像グループ ローポジション/合同会社東風
******************************

-----------------------------------------------------------
 1.知らないことを
-----------------------------------------------------------
 新年あけまして(ずいぶん経ちまして)おめでとうございます。

 昨年の1月13日。
 渋谷で「犬と猫と人間と2」の完成記念試写会を開いてから、
 はや一年。
 たくさんの方に支えられ映画を広めてくることが出来た
 一年でした。心から感謝の気持ちです。

 震災からもうすぐ3年。
 取材をはじめた頃がずいぶん遠くに感じられる時も
 ありますが、被災地では未だに東日本大震災の只中を生きている
 動物たちがいることを、昨年12月に知る機会がありました。

 映画のDVDを製作するに当って、特典映像に加えるため取材した、
 福島県飯舘村に住む犬猫たちのことです。
 村は仮設住宅でのペット飼育を禁止。
 そのため、全村避難を強いられている村民の中にはペットを
 飯舘村の自宅に置いたまま、避難先と自宅との往復を
 強いられている方がたくさんいました。

 家に残された飯舘村の犬猫たち。
 そうした動物たちや飼主に手を差し伸べているのは
 全国から来るボランティアの方々でした。

 エサをやり、水をやり、散歩は出来る時もあれば出来ない時も。
 ボランティアの滞在時間は1軒当たり10分~15分ほど。
 1年以上この地に通うあるボランティアの男性が把握してる
 限りでは、「犬が200頭あまり、猫はその倍はいるだろう」
 とのことでした。

 ボランティアが次の家に移動する際に見せる犬猫たちの
 切ない表情や後姿が、つよく胸に残りました。
 今日もおそらくそうした情景が、飯舘村の空の下に
 つづけられていると思います。

 「震災を忘れないという以前に、知らないことがたくさんある」

 僕や飯田プロデューサーが上映会場でよく口にしてきた言葉です。

 飯舘村の知らなかった現実を垣間見ることが出来て、
 その想いを新たにしました。
 今年も上映活動を通じて、多くの方に被災地の動物たちのこと、
 人びとのことを伝えて行きたいと思います。

-----------------------------------------------------------
 2.自主上映情報!
-----------------------------------------------------------
 震災が近づくこの時期。
 1月から3月は18件(公開・非公開)の上映会が予定されてます。
 お近くの上映会など、ぜひチェックしてみて下さい。
 新規上映会も絶賛募集中です!

<近日開催予定の公開上映会はこちら>
 http://inunekoningen2.com/jyouei/schedule.html

■兵庫県神戸市

 日時:1月25日(土) 14:00~
 会場:神戸市立こうべまちづくり会館 2階ホール
 住所:神戸市中央区元町通4-2-14
 料金:1,000円/定員80名
 主催:NPO法人青年協議会 関西
 TEL: 090-6855-8663 (齊藤)
 mail: seinenkyougi.kansai@gmail.com
 http://seinen-kyougikai.jp/wp/?p=58876

■佐賀県佐賀市

 日時:2月11日(火・祝) 10:30~
 会場:メートプラザ佐賀
住所:佐賀市兵庫北3-8-40
 料金:無料
 主催:ハーモニアスハート/佐賀市環境課
 TEL: 0952-40-7200(佐賀市環境課)
 http://p.tl/t8Ti

 ※会場では「震災で消えた小さな命展~複製画展~」や
  主宰のうささんによる講演会も予定されています。

■神奈川県横浜市

 日時:2月11日(火・祝) 14:00~
    ※飯田プロデューサーによるト-クあり
 会場:港南公会堂
 住所:横浜市港南区港南中央通10-1
 料金:無料
 主催:港南区役所 生活衛生課
 TEL: 045-847-8445
 mail: ya00-kurosawa@city.yokohama.jp
 http://www.konan-ph-seikosha.com/access/index.html

■東京都練馬区

 日時:2月20日(木) 19:00~
 会場:ゆめりあホール
 住所:練馬区東大泉1-29-1
 料金:600円
 主催:市民ふくしフォーラム(加藤木)
 TEL: 03-3978-4154
 mail: sakurako_happy_society@yahoo.co.jp
 http://www.neribun.or.jp/oizumi.html

■福島県いわき市

 「犬と猫と人間と2」上映会&トークイベント

 日時:2月23日(日)
  (1)上映会 11:00~ ※上映後ゲストトークあり
  (2)トークイベント 14:00~16:00

 会場:いわき芸術文化交流館アリオス「中劇場」
 住所:いわき市平字三崎1番地の6
 主催:「犬と猫と人間と2」”わたしとあなたにできること”
プロジェクト
 TEL:080-5046-1694/FAX:046-280-6641
 mail:inuneko2.dekirukoto@gmail.com
 詳細 http://inunekoningen2-iwaki.jimdo.com/

■兵庫県神戸市

 日時:3月8日(土) 14:00~
 会場:神戸市立こうべまちづくり会館 2階ホール
 住所:神戸市中央区元町通4-2-14
 料金:1,000円
 主催:NPO法人青年協議会 関西
 TEL: 090-6855-8663 (齊藤)
 mail: seinenkyougi.kansai@gmail.com

■栃木県足利市

 日時:3月9日(日) 14:00~
 会場:足利市助戸公民館ホール
 住所:足利市助戸仲町453-2
 料金:無料
 http://www.city.ashikaga.tochigi.jp/soshiki/a78/
 主催:「がんばろう東北!」応援プロジェクト足利風
 mail: info@shimin-act.jp

■埼玉県所沢市

 日時:3月9日(日) 14:00~
 会場:小手指公民館分館
 住所:所沢市小手指町4-22-2
 料金:1,000円
 主催:生活クラブ生協・所沢南支部運営委員会
 tel: 04-2923-3937
 mail: momo.sachiko@jcom.ne.jp

■東京都江戸川区

 日時:3月9日(日) 14:00~
 会場:清新町コミュニティ会館
 住所:江戸川区清新町1-2-2
 料金:1,500円
 主催:一般社団法人 盲導犬総合支援センター
 TEL: 03-5452-1323
 mail: iwama@goguidedogs.jp

■茨城県水戸市

 日時:3月15日(土) 12:35~
    ※宍戸監督によるトークあり

 ※9:50~は「犬と猫と人間と」を上映します。

 会場:茨城県総合福祉会館コミュニティホール
 住所:水戸市千波町1918
 料金:500円
 主催:水戸ご当地上映会実行委員会
 TEL:050-3553-0310
 mail:najiko@mitojouei.jp
 詳細 http://minnanoeigakaidappe.blog.fc2.com/

■神奈川県横須賀市

 日時:3月16日(日) 13:30~
 会場:ヴェルクよこすか(旧 勤労福祉会館)
 住所:横須賀市日の出町1-5
 料金:1,300円(前売り1,000円)
 主催:ねこじゃらし工房
 http://ameblo.jp/non-non0112/
 mail: nonnon.nekojyarashikobu@gmail.com

■神奈川県座間市

 日時:3月23日(日)10:30~/14:00~
    ※阿部智子さん(アニマルクラブ石巻代表)と
宍戸監督のトークあり
 会場:ハーモニーホール座間・小ホール
 住所:座間市緑ヶ丘1-1-2
 料金:1,000円
 主催:犬と猫と人間と2 座間上映会実行委員会
 後援:座間市教育委員会
 問合せ:コーヒーノート
 TEL/FAX:046-254-2282
 mail:info@coffeenote.com

■東京都町田市

 日時:4月26日(土) 14:30~/18:30~
    ※宍戸監督によるトークあり
 会場:町田市民フォーラム
 住所:町田市原町田4-9-8
 料金:1,000円
 主催:まめちびくらぶ(今立)
 TEL:042-721-1322
 mail:qojuyu@jcom.home.ne.jp

-----------------------------------------------------------
 3.劇場情報
-----------------------------------------------------------

【順次公開】

 ●福岡県 KBCシネマ  092-751-4268

-----------------------------------------------------------
 4.自主上映会募集!
-----------------------------------------------------------
 「経験が無いので不安」、「お客さんが集められないかも」etc。

 そんな悩みや不安には百戦錬磨の映画のプロ・東風の
 若手スタッフたちが優しく丁寧にサポートいたします。
 ちなみに東風。2013年度キネマ旬報のベストワンに選ばれた
 日本映画、文化映画の配給をしています。恐るべし…。

<お問合せ&申し込み>
 合同会社 東風
 MAIL:info@inunekoningen.com
 TEL:03-5919-1542(平日11:00-18:00)
 FAX:03-5919-1543
 〒160-0022 東京都新宿区新宿5-4-1 新宿Qフラットビル306

<詳細>
 詳しくは、こちらの「上映会の手引き」をご覧ください。
 http://inunekoningen2.com/jyouei/

-----------------------------------------------------------

■映画の公式Facebookページはこちら!
 http://www.facebook.com/inunekoningen2

 イベントや上映情報などを随時更新していきます。
 映画を観た感想などもお寄せ頂けましたら幸いです。

 以上、詳しくはHPで! http://www.inunekoningen2.com/
 転送・転載大歓迎です。

拍手[2回]

白いセーラー服を着ていた当時、毎年必ず体力測定の時間がありました。
垂直跳びとか、反復横跳びとか、腹筋やら背筋やらの記録をとる、あれです。
他はともかくとして、わたしはホントに握力なし。
体育の先生から「まじめにやりなさい!」と、ご注意を受けたほどでした。

年月が流れに流れた今も、ペットボトルなど蓋の類いは苦労しています。
そして今夜、強硬なアルミキャップとの格闘にペンチまで使った挙げ句、流血沙汰となりました。

赤く染まった指は、もちろんずきずき痛むのだけど、それよりも頭を占めたのは「あれが使える」。
キズパワーパッド。

購入したものの使用するチャンスのなかった箱を、ついに開封!
明日には治っちゃうのでしょうか?
たのしみ。
……痛いけどね。

蓋開け要員がほしいなあ。
握力よりも。















拍手[2回]

気分転換はがんばって行うものでもないけれど、わたしみたいな怠惰にとっては「どっこらしょ」と重たいお尻を持ち上げる努力の末にあるのです。
ましてや週末の2日間は掃除や買い物でつぶれるので、三連休は絶好のチャンス!
そうだ、ひっさしぶりの映画に行こう!
それもレイトショー!

一人でぶ〜らぶ〜ら買い物して、レイトショーでわたしのジョージが出演する「グラビティ」を観る。
なんて素敵な非日常でしょう。
と思って自慢したら、ゆりちゃんが「乗る」と言う。
1人より2人のほうがやっぱり楽しい。
「行こう行こう」と、夜中のラインで盛りあがる。

そこでふと、幕張の映画館では場面に合わせて座席が動くという聞きかじり情報をゆりちゃんに伝えると「楽しそう!」。
えっ、だって幕張だよ、千葉県よ? 
……えっ、でも行っちゃう?
さらに盛りあがる。
なにせ、求めるのは非日常なので。

後日、ブラック企業を午後8時に抜け出したゆりちゃんの車で2人、きゃあきゃあ浮かれながら幕張を目指す。
ゆりちゃんは運転上手、都内の道路はがらがら、そしてレインボーブリッジ、お台場、観覧車のライトアップ。

と、上々だったのは映画館があるモールへ続く道へさしかかるまで。
そこから先が、にっちもさっちも動かない渋滞とは。。。
ゆりちゃんが「あそこだから!」と指差した明るい建物は中古車販売場で、目的地はさらに遠いのに、開演時間は刻々と迫る。

左手にボーリング場が見える。
「ボーリングにする?」
「ゲームセンターでUFOキャッチャーする?」
そろそろ予告編も終わったころだけど、互いにまだ「動く座席でグラビティ」が思い切れない。

ようやく建物に到着したのが、開演時間30分ほど過ぎたころ。
しかも映画館の入り口までがさらに遠いので、わたしたちは東京出発時間から完璧にまちがっていたことになる。

しかもですよ、動く座席はシアターにたった8席しかないことを、渋滞中の車内で知るというお粗末。
これが空いているわけないよね?
2人して詰めが甘かったことを深く反省。

するとそこに、動く座席体験コーナーが設置されているではないか。
「乗ろう乗ろう!」
なんとしても気分転換しなくちゃいけない大の大人2人は、1〜2分の動く座席体験にひととき大喜び。

いやしかし、つまりなんですか?
遠路はるばる幕張まで、これのために来たことになるのよね、わたしたち。

楽しいドライブでわたしはそこそこ満足でしたが、ゆりちゃんが「これで終われない」と、治まらない。
じゃあ都内のレイトショーでグラビティを観ようかと提案したら断られた。
「あの動く座席体験したあと、それは考えられない!」
まあ、たしかに。。。

しかし、となるとなんですか?
また近々、遠路はるばるになるわけでしょうか?
鼻息荒いゆりちゃんは「次はまずDVDで映画を二本レンタルして、行き帰りの車中で観る」らしい。

その前に、今夜の気分転換を完結しなくちゃならないため、車内で再び検索に励み、都内で「永遠の0」案に確定。
だが、またしても時間ギリギリのため、間に合うか微妙である。
ボーリングは諦めたのに、帰りも渋滞で焦る。
高速をおりても事故車を目撃したりする当たり日、東京に戻って映画館に到着後、ダッシュだ。

上映時間を過ぎているので、とっととチケットを購入したい。
それなのに、チケット自動販売機の座席選びでなぜ悩むのだ、ゆりちゃん?

「スクリーンに向かって右側がいいか、左側か」
「どこだっていいわよ!」
「どっちが好き?」
「じゃあ右にして!」

次画面に切り替わっても、なかなかクリックせずに考えてる。
「何を悩んでるのよぉ〜」
「周りに人がいるのイヤなんですよね〜」
侃々諤々。

ようやく重い扉の奥に入ろうとしたところで携帯電話が鳴るではないか!
「ちょっとー」
振り返ると「マコさんのでしょう!」
えっ、そんなはずは……
そこでまたガサガサとバッグの中を探していたら、着信音は映画の中からなのであった。
どこまでドタバタするんだ、わたしたち。。。

それでもやっとやっと座席に落ち着いて、映画の世界にひたることができました。
原作は発売時に読んでいたので、いささか不満な部分もあるにはあるけど、総じていい作品でした。
苦労の末に観られたという付加価値もあるし。
エンディングには一緒に鼻水をすすりあげたゆりちゃんは、そのあと夜の闇の中を真っ黒企業へ戻ったのでした。

楽しかった。
ありがとう。

数時間で朝日が昇る。
頭の中で、リセットのスイッチがかちりと鳴った。
心の奥に、ふうわりあったかな波がひろがった。












拍手[6回]

昨日の夕方、テレビのニュースにシェパードの盲導犬が取り上げられているのを見ていたら、ユーザーさんが4年前に取材でお目にかかった櫻井洋子さんだった。

盲導犬をみかけたら

あのとき、洋子さんに寄り添っていた頼もしいアンソニーが引退したのだ。
懐かしさと淋しさが入り交じった気持ちで連絡すると、以前と変わらぬ元気な声が聞こえてきた。

アンソニーは昨年11月に11歳で引退し、入れ違いに出会ったパートナーとの合同訓練を経て今は一緒に歩いているという。
そして引退後のアンソニーも盲導犬普及に尽力される方の家族となったので、活動に無縁ではないだろう。

どんなときも片時も離れなかった相手との別れは、それぞれの一生の中でひとつの時代の終わり。
どれほど淋しく悲しいだろうと軟弱なわたしは勝手に想像するけれど、彼らはそこにとどまることなく、それぞれの道を雄々しく歩き始めていた。
「きれいな子ね」と言うと「そうでしょ。皆が言うから一生懸命お手入れしちゃって、自分は口紅も塗ってないの」と、洋子さんは明るく笑った。

アンソニーと歩く洋子さんの姿を思い出した。
すっと背筋を伸ばして、何も恐れないというように早足で歩みを進める様子が美しかった。

わたしも、しっかり歩かないと。










拍手[17回]

calendar
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
twittin'
ここにいるよ
w/ your little help
recent comments
[11/27 セリーヌ偽物の見分け方]
[11/27 セリーヌ偽物の見分け方]
[11/24 UGG靴 カンコク コピー]
[11/24 スーパーコピー時計]
[11/24 スーパーコピー激安ブランド]
[11/24 N品]
[11/24 時計コピー]
[11/24 スーパーコピールイヴィトン]
[11/24 ブランド コピー]
[11/24 韓国コピー時計]
[11/17 偽物ブランド時計]
[11/17 激安ブランドのオーデマピゲ腕時計]
[11/16 シャネルスーパーコピー国内発送]
[11/07 スーパーコピー ネックレス]
[10/26 ミュウミュウ偽物]
[10/24 スーパーコピーウブロ時計]
[09/23 スーパーコピー オメガ]
[09/19 スーパーコピー腕時計]
[09/19 激安ブランドコピー]
[09/19 ブランド tシャツ コピー]
[09/19 スーパーコピー激安]
[09/19 シューズ コピー]
[09/19 靴 スーパーコピー]
[09/19 腕時計 スーパー コピー]
[09/19 コピー ブランド 通販]
動物にまつわる本
visitors
無料で使えるプチアクセスカウンター
search
access analysis
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
♥ sozai:ふわふわ。り Template by hanamaru.