忍者ブログ
mako watanabe    ***   like the ocean we share, we are one in the same   ***               動物関連の記事を選びたい方は、カテゴリーの <ペット問題><@仕事> <動物福祉><動物関連イベント> からご覧ください。
[409] [408] [407] [406] [405] [404] [403] [402] [401] [400] [399]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

叔父は87歳、叔母は84歳。
87歳が84歳を徹底的に世話する、いわゆる老老介護。





2人の生活は規則正しい。
先に起きた叔父は、ミルクコーヒーとジャムトーストの朝食を一人でとる。
その数時間後に起きた叔母は、近所の喫茶店でモーニングセット(お昼に近いので実質ブランチ)を注文。





叔母が戻る頃、叔父は外出の支度を終えていて、今夜は何が食べたいかと叔母に尋ねる。
そして浅草か、神保町か、横浜の中華街か、気に入りの店のひとつでランチを堪能してから、たいてい日本橋のデパートの地下へ向かう。
夕飯のおかずを買って、夕方には帰宅。





ご飯を炊き、みそ汁をつくり、魚を焼き、野菜を炊く。
食卓では、叔母のために魚の骨まで取り除く。
もちろん熱いものは、ふぅふぅする。





叔母が寝付けないときは、しばらく脚をマッサージ。
そのあと、布団を肩までかけてあげる。





その叔父が、ペースメーカーを入れるため入院したからタイヘン。
病室でも一人で仕切っていたので、あっちはいいとして、問題はお姫様状態の叔母です。
今日は物資提供がてら顔を見に行くと、やはり不安そう。
私も時間がなくて荷物だけ置いてゆくつもりが、小一時間は喋ってたかな。

あれくらい年齢を重ねると、時間はゆるりと流れてる。
でも身体に不調を抱えれば、身支度も億劫になるし、そうそう出かけない。
人付き合いが減ると、訪ねてくれる人も比例する。
そんな彼女の毎日の、時間はゆるりと流れてる。

叔母の日常は夫なしであり得ず、叔父もそれを良しとしてるわけで、それはそれでいいのだけど、やはり精神的に自立していてくれないと、こういうとき大変。
高齢化の一途をたどる日本、こういう高齢者が日々増加しているのかな……

拍手[13回]

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
E-MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
calendar
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
twittin'
ここにいるよ
w/ your little help
recent comments
[07/02 NONAME]
[02/01 ももこひめ]
[11/28 NONAME]
[11/27 直樹]
[11/27 テンテン]
[11/27 テンテン]
[11/26 s_omega]
[10/27 小春]
[08/31 tunafishermann]
[07/22 よしだ]
[05/08 森内です。]
[04/26 くみほ]
[04/09 カオリ]
[03/18 はぐれコマドリ]
[03/16 はらだ]
[03/14 TT]
[01/20 anne mama]
[01/19 渡辺眞子]
[01/16 anne mama]
[01/08 阿部敏明(カプアンパパ)]
[12/12 nana]
[12/03 dekopika]
[11/20 ちょべ]
[10/23 想ちゃん]
[09/04 ひらたけいこ]
動物にまつわる本
visitors
無料で使えるプチアクセスカウンター
search
access analysis
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
♥ sozai:ふわふわ。り Template by hanamaru.