忍者ブログ
mako watanabe    ***   like the ocean we share, we are one in the same   ***               動物関連の記事を選びたい方は、カテゴリーの <ペット問題><@仕事> <動物福祉><動物関連イベント> からご覧ください。
[350] [349] [348] [347] [346] [345] [344] [343] [342] [341] [340]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

久しぶりの快晴!
でも外に出てみると、予想に反して空気が冷たい。
そう簡単には、ぽかぽかにしてもらえないということかぁ。

午前中にミモザギャラリーのプロデューサー、牧さんにお目にかかるお約束をしていました。
表参道の人混みを歩いていたら「保護犬」というキーワードが耳をかすめた。
人の頭の間をぬって見れば、風花ちゃんが入ったカートを押している牧さんじゃないの。
話しかけられた観光客に説明していたらしい。
出勤途中の啓発活動、りっぱです。

連れ立ってギャラリーに向かい、先日の犬猫ものがたりⅡ のことや、来週に迫った「犬と猫と人間と」@宝塚市のことなどお話してきました。
会期中はお天気に恵まれ、最終日に搬出を終えて「お疲れさまでした」と言った途端に雨が降り始めたとのこと。
ミモザも、まさにドンピシャリのタイミングで咲き誇っていたそうです。
みなさん、日頃の行いがよろしいようで。





ロイターのキムの記事がアップされています。
Dark side of Japan's pet boom


こちらは、ロスの西山獣医師より。
レスキュー活動が普及するアメリカでは、虐待された経験により異常行動に至る犬や猫のリハビリが、大きな問題点になっているとのこと。


拍手[7回]

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
E-MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
近所の桜が見ごろになり、うちの2ワン(コーギーとチワックス)を連れて、花見散歩を楽しみました。でもほんとにまだ寒かったです。
日本でも虐待は深刻な問題だと思います。レスキューが普及されていくよう、多くのアクションが必要なのではないかと思います。
ちょっと前にペットショップの女性店員が飼う犬を次々と4頭、虐待死させたというブログを読みました・・・
レスキューの普及も必要ですが、虐待というものがない世の中にするようにもしないといけない気がします。
下條夕美 2010/04/04(Sun)01:24:00 編集
Re:無題
下條夕美さん

吠えたり、咬んだり、人を恐れたりする犬のリハビリには時間がかかるし、引き取り手を探すのも困難。
そんな犬にしてしまったのは人間であることを思うと、本当に罪深いことですよね……
ペットたちの一生は、出逢った人次第。
適正飼養や終世飼育を怠ることも、遺棄も、虐待です。
それがなくなる時は、レスキューも不必要になるときです。
夕美さんの子たちは大ラッキー。
【2010/04/04 21:45】
はじめまして♪
世界にたったひとつの犬と私の物語を
読み、妹はじめ何人かにお伝えしました。ワン関係をあらゆる方面から取り上げていて、感動しました。ありがとうございます。
それからブログを時々お邪魔しています。私も何か~と思いながら・・・気持ちだけの寄付くらいしかできていないのが歯がゆいです。
少しずつ・・考えています。
この虐待された仔、最後のおもちゃを持って来る姿、ウルウルしながら何回もみています。
幸せになってくれる仔が増えますように~❤
楽ママ 2010/04/06(Tue)17:26:46 編集
Re:はじめまして♪
楽ママさん

はじめまして。
私の本を読んでくださり、どうもありがとうございました!
『世界に……』にご登場いただいた皆さんのお話は、どれももっともっと奥深かったのです。
時間が許せば取材時間を長く取れれば良かったのですが、でも当初は15ほどの章で構成したいというのが版元さんのご意向だったもので。
折りをみて、後日談やら写真やらをアップしたいと思いますので、待っていてくださいね。

動物問題に関しては、ご自分の周囲から伝えてくださることも「できること」です。
どうぞよろしくお願いします。
【2010/04/06 22:01】
無題
眞子さんの著書”そこに愛がありますように。”大好きです。あの本で本当に私は救われましたし、そこここに心のそこから共感でき、また私も体験した内容で涙涙とともにとても暖かいものがあふれてくる本で何度も熟読し、友人にも何冊かプレゼントさせてもらいました。
それから何冊か読ませていただいて最近ここのブログを知り、のぞかせてもらってます。
この動画、胸が苦しくなります。
この子は最終的に幸せになれたけど、こういう資質を持っていながら、受けた虐待によっての自己防衛ですぎない”凶暴性”のために公開すらされず正常な生活へのチャンスすら与えられずに”処分”されていく思い命。以前は私が知ってもどうしようもない、何にも帰られないから知りたくないという人間の1人でしたが、一人助ければその子の犬生は天地がひっくり返ったように変わるし、一匹、一匹少ない数でも救っていくこと、そして話を伝えていくことで同じことをしてくれる人を増やすこと。それはとるにたりない小さなことに見えるかもしれませんが、小さなことがたくさん起こって大きく変えていくことが出来ると信じます。ながなが失礼しました。
adoredogs 2010/04/08(Thu)22:49:19 編集
Re:無題
adoredogsさん

はじめまして。
私の本を読んでいただいて、どうもありがとうございました。
懐かしいタイトル……私自身も思い入れの深い一冊ですので、そんなふうに思ってくださること嬉しいです。

虐待を受けてしまった犬の問題は、外国でも大きいようです。
そこまでの犬にしてしまうのは人間なのに、苦しむのは犬だけなんてね……

【2010/04/09 21:23】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
calendar
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
twittin'
ここにいるよ
w/ your little help
recent comments
[07/02 NONAME]
[02/01 ももこひめ]
[11/28 NONAME]
[11/27 直樹]
[11/27 テンテン]
[11/27 テンテン]
[11/26 s_omega]
[10/27 小春]
[08/31 tunafishermann]
[07/22 よしだ]
[05/08 森内です。]
[04/26 くみほ]
[04/09 カオリ]
[03/18 はぐれコマドリ]
[03/16 はらだ]
[03/14 TT]
[01/20 anne mama]
[01/19 渡辺眞子]
[01/16 anne mama]
[01/08 阿部敏明(カプアンパパ)]
[12/12 nana]
[12/03 dekopika]
[11/20 ちょべ]
[10/23 想ちゃん]
[09/04 ひらたけいこ]
動物にまつわる本
visitors
無料で使えるプチアクセスカウンター
search
access analysis
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
♥ sozai:ふわふわ。り Template by hanamaru.