忍者ブログ
mako watanabe    ***   like the ocean we share, we are one in the same   ***               動物関連の記事を選びたい方は、カテゴリーの <ペット問題><@仕事> <動物福祉><動物関連イベント> からご覧ください。
[846] [845] [844] [843] [842] [841] [840] [839] [838] [837] [836]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

気分転換はがんばって行うものでもないけれど、わたしみたいな怠惰にとっては「どっこらしょ」と重たいお尻を持ち上げる努力の末にあるのです。
ましてや週末の2日間は掃除や買い物でつぶれるので、三連休は絶好のチャンス!
そうだ、ひっさしぶりの映画に行こう!
それもレイトショー!

一人でぶ〜らぶ〜ら買い物して、レイトショーでわたしのジョージが出演する「グラビティ」を観る。
なんて素敵な非日常でしょう。
と思って自慢したら、ゆりちゃんが「乗る」と言う。
1人より2人のほうがやっぱり楽しい。
「行こう行こう」と、夜中のラインで盛りあがる。

そこでふと、幕張の映画館では場面に合わせて座席が動くという聞きかじり情報をゆりちゃんに伝えると「楽しそう!」。
えっ、だって幕張だよ、千葉県よ? 
……えっ、でも行っちゃう?
さらに盛りあがる。
なにせ、求めるのは非日常なので。

後日、ブラック企業を午後8時に抜け出したゆりちゃんの車で2人、きゃあきゃあ浮かれながら幕張を目指す。
ゆりちゃんは運転上手、都内の道路はがらがら、そしてレインボーブリッジ、お台場、観覧車のライトアップ。

と、上々だったのは映画館があるモールへ続く道へさしかかるまで。
そこから先が、にっちもさっちも動かない渋滞とは。。。
ゆりちゃんが「あそこだから!」と指差した明るい建物は中古車販売場で、目的地はさらに遠いのに、開演時間は刻々と迫る。

左手にボーリング場が見える。
「ボーリングにする?」
「ゲームセンターでUFOキャッチャーする?」
そろそろ予告編も終わったころだけど、互いにまだ「動く座席でグラビティ」が思い切れない。

ようやく建物に到着したのが、開演時間30分ほど過ぎたころ。
しかも映画館の入り口までがさらに遠いので、わたしたちは東京出発時間から完璧にまちがっていたことになる。

しかもですよ、動く座席はシアターにたった8席しかないことを、渋滞中の車内で知るというお粗末。
これが空いているわけないよね?
2人して詰めが甘かったことを深く反省。

するとそこに、動く座席体験コーナーが設置されているではないか。
「乗ろう乗ろう!」
なんとしても気分転換しなくちゃいけない大の大人2人は、1〜2分の動く座席体験にひととき大喜び。

いやしかし、つまりなんですか?
遠路はるばる幕張まで、これのために来たことになるのよね、わたしたち。

楽しいドライブでわたしはそこそこ満足でしたが、ゆりちゃんが「これで終われない」と、治まらない。
じゃあ都内のレイトショーでグラビティを観ようかと提案したら断られた。
「あの動く座席体験したあと、それは考えられない!」
まあ、たしかに。。。

しかし、となるとなんですか?
また近々、遠路はるばるになるわけでしょうか?
鼻息荒いゆりちゃんは「次はまずDVDで映画を二本レンタルして、行き帰りの車中で観る」らしい。

その前に、今夜の気分転換を完結しなくちゃならないため、車内で再び検索に励み、都内で「永遠の0」案に確定。
だが、またしても時間ギリギリのため、間に合うか微妙である。
ボーリングは諦めたのに、帰りも渋滞で焦る。
高速をおりても事故車を目撃したりする当たり日、東京に戻って映画館に到着後、ダッシュだ。

上映時間を過ぎているので、とっととチケットを購入したい。
それなのに、チケット自動販売機の座席選びでなぜ悩むのだ、ゆりちゃん?

「スクリーンに向かって右側がいいか、左側か」
「どこだっていいわよ!」
「どっちが好き?」
「じゃあ右にして!」

次画面に切り替わっても、なかなかクリックせずに考えてる。
「何を悩んでるのよぉ〜」
「周りに人がいるのイヤなんですよね〜」
侃々諤々。

ようやく重い扉の奥に入ろうとしたところで携帯電話が鳴るではないか!
「ちょっとー」
振り返ると「マコさんのでしょう!」
えっ、そんなはずは……
そこでまたガサガサとバッグの中を探していたら、着信音は映画の中からなのであった。
どこまでドタバタするんだ、わたしたち。。。

それでもやっとやっと座席に落ち着いて、映画の世界にひたることができました。
原作は発売時に読んでいたので、いささか不満な部分もあるにはあるけど、総じていい作品でした。
苦労の末に観られたという付加価値もあるし。
エンディングには一緒に鼻水をすすりあげたゆりちゃんは、そのあと夜の闇の中を真っ黒企業へ戻ったのでした。

楽しかった。
ありがとう。

数時間で朝日が昇る。
頭の中で、リセットのスイッチがかちりと鳴った。
心の奥に、ふうわりあったかな波がひろがった。












拍手[6回]

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
E-MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
初めまして。。。
保護っこの里親になって以来、保護犬活動を応援するブログを書かせていただいています。
定点回収について調べているうちに、眞子さんのブログにたどり着きました。
恥ずかしながら、定点回収という言葉すら知りませんでした。
そのテーマで、少し書いてみようと思っております。
写真の転載を許可いただければ嬉しく存じます。
どうぞよろしくお願いします。
anne mama URL 2014/01/16(Thu)18:10:36 編集
無題
anne mama さん
写真は出典だけ明らかにしてくだされば構いませんので、どうぞご利用ください。
渡辺眞子 2014/01/19(Sun)23:01:09 編集
無題
ありがとうございます。
ちゃんと、記載させていただこうと思っています。

感謝
anne mama URL 2014/01/20(Mon)17:16:49 編集
calendar
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
twittin'
ここにいるよ
w/ your little help
recent comments
[07/02 NONAME]
[02/01 ももこひめ]
[11/28 NONAME]
[11/27 直樹]
[11/27 テンテン]
[11/27 テンテン]
[11/26 s_omega]
[10/27 小春]
[08/31 tunafishermann]
[07/22 よしだ]
[05/08 森内です。]
[04/26 くみほ]
[04/09 カオリ]
[03/18 はぐれコマドリ]
[03/16 はらだ]
[03/14 TT]
[01/20 anne mama]
[01/19 渡辺眞子]
[01/16 anne mama]
[01/08 阿部敏明(カプアンパパ)]
[12/12 nana]
[12/03 dekopika]
[11/20 ちょべ]
[10/23 想ちゃん]
[09/04 ひらたけいこ]
動物にまつわる本
visitors
無料で使えるプチアクセスカウンター
search
access analysis
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
♥ sozai:ふわふわ。り Template by hanamaru.