忍者ブログ
mako watanabe    ***   like the ocean we share, we are one in the same   ***               動物関連の記事を選びたい方は、カテゴリーの <ペット問題><@仕事> <動物福祉><動物関連イベント> からご覧ください。
[309] [308] [307] [306] [305] [304] [303] [302] [301] [300] [299]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ぜーはー、ぜーはー、、、
年だから、息切れしちゃうのよ。
「冬場は冬眠したい」なんて罰当たりなこと思うほど冷え性だし。

ええと、どこから書けばよいやら……。
やっぱり時系列か。
金曜日の朝、新刊の見本が到着!





新しい本が届いたときは、いつも思わず抱きしめる。
そのあと仏壇と、宝犬たちの写真に報告してから読む。

本の中の犬たち、一頭ずつを撫でながら。
私は君たちの声を、ちゃんと伝えられているかな。

今回は石黒謙吾さんという強力なプロデューサーの存在により、気づきと学びがたくさんあった。
彼は私が今までお世話になってきた編集者よりもたくさんの意見を出す。
石黒さんが強調したい部分は、私はそうでもなかったりということが何度かあった。
指摘されて、なるほど。
それはきっと私がこのテーマと、このテーマを書くことに慣れてしまったからだろうと思う。

解説の部分は私っぽくない言葉の配置があったりと、石黒色が濃いかも。
でも読む人に届きやすくなったんじゃないかと思う。
これまで意地にみたいに独りでもがいていたけど、第三者が係ってくれるのは心強いし安心。
味をしめたので、今後は大いに周囲を巻き込もうっと。

新刊にしみじみしたいところだけど、この日は地元保健所で動物愛護推進員の会議。
各支所の担当職員も参加しての、今年度の活動報告から始まったのだけど、後半は地域猫活動の話題。
うなるうなる。





土曜日はONEBRANDさんの特別講座。
用意したレジュメの半分しかお話できなかった……。
参加してくださったみなさま、レジュメ後半部分をお読みになってご質問などおありでしたら掲示板へおいでください。

会場はおしゃれでユニークで素敵な世田谷ものづくり学校
現役小学校の一部をギャラリーやワークショップ、イベントに解放している。

懐かしいような小さいテーブル、木の椅子やら、廊下にある手洗い場やら、階段と手すりの雰囲気やら、見たりふれたりするだけで楽しい空間。
ゆっくり遊びに行きたくなった。

驚くなかれ犬連れオッケーで、打ち合わせをした一階のカフェに大型犬が飼い主を伴ってケーキを買いにきた。
さっすが世田谷。

講座の会場である元家庭科室に向かうと、703号室のハハちゃんが手を振っているではないの。
あなたったら、ここで何してるの?
わざわざ来てくれて、嬉しかったです!

マルコ・ブルーノさん、ポチたまの松本秀樹さん、元衆議院議員の藤野真紀子さん、参議院議員の神取忍さんが、足を運んでくださり恐縮です。
その他にも、いろいろな方々にご挨拶でき、これから何らかの形でご一緒させていただけそうで楽しみです。
どうもありがとうございました。





そして日曜日は午後から、ある企画の第一回ミーティング。
これはまだ公表できないのだが、うまくすれば11月、もしかしたら来年に延期する可能性あり。
ぜひ実現させたいなあ。

公開中のマイケルのインタビューテープを聞きに寄り、帰宅して2日ぶりにまともな食事をしたあと、ここ数日間に溜まってしまったメールへ返信作業。
すごぉく嬉しいイベントのお誘いもあり、疲れが吹き飛んだ。
この場で早くご報告できますように。
風花ちゃん、どうぞよろしくね。





拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
E-MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
初めまして、こんばんは。
以前からこちらのブログを拝見し、多くのことを学ばさせていただいていました。

私は2年前愛犬を亡くし、その後縁あって2匹の元保護犬の里親になり、毎日楽しく暮らしています。
保護犬を迎えることで、犬や猫の悲惨な現実をたくさん知りました。
知らずに過ごしていた頃とは違い、それ以来、無関心でいられなくなり、不幸な動物たちのことを見過ごすことができなくなりました。
一人でも多くの方に事実を伝えたい、そして動物たちと過ごすかけがえのない日々を伝えられたらとブログを始めました。
そのお陰で、同じ想いの心優しい方々と知り合うことができ、意見や情報を交換するまでになりました。
動物たちのために自分にできることはないのだろうかと、何冊か本を購入しました。その中の一冊が渡辺さんの著書『捨て犬を救う街』でした。
先日、ONE BRANDさんのスペシャル講座で渡辺さんが講演なさった日は仕事の都合で残念ながら参加することができませんでしたが、機会があったら是非お話を伺いたいと思っています。
私のブログの次の記事で、お薦め本として『捨て犬を救う街』のことを紹介したいと思っています。その時に、文章の一部を抜粋させていただきたいのですが、よろしいでしょうか?
できればブログのリンクもさせていただきたいと思います。
初コメントでの突然のお願いですが、どうぞよろしくお願いいたします。
KEIKO URL 2010/02/02(Tue)21:35:01 編集
Re:無題
KEIKOさん

はじめまして。
私の本を手に取っていただいて嬉しいです。
どうもありがとうございます。

リンクのこと、もちろんですとも。
本の内容は、出典を明らかにしていただければ問題ありません。
どうぞよろしくお願いします。

KEIKOさんのように「迎えるときは保護犬を」と、それが普通の感覚になってくれたらいいのにね。
それから子犬嗜好もなんとかしたいです。

今日、会ってきた風花ちゃんは元繁殖犬で、6〜8歳で保護されて初めて自由を知り、美味しいものを知り、楽しいことを知り、愛されること、愛することを知りました。
それまで、ひどい境遇で何年も暮らしてきたことを私たちは考えます。
でも犬は今を喜び、今を生きる動物です。
その健気さ、私たちも見習いたいものです。
【2010/02/03 20:47】
無題
こんばんは。
先日は突然のお願いにも関わらず、快くご了承くださいましてありがとうございます。
一匹でもかけがえのない命を救いたいと、先程、記事を書き上げ投稿いたしました。
お忙しいところ恐縮ですが、訂正箇所などございましたら、お知らせくださると助かります。よろしくお願いいたします。
KEIKO URL 2010/02/05(Fri)01:54:43 編集
Re:無題
KEIKOさん

こちらこそ、どうもありがとうございます。
こうしてまた一人、この問題に向き合おうとする方がいてくださって心強いです。
これからも一緒に歩いてくださいね。
どうぞよろしくお願い致します。
【2010/02/06 11:10】
文章引用について
個人的にボランティア活動をしております。
本日犬と、いのちを購入いたしました。
今回通信を発行するについて、p100以降の後書文を少し引用させていただきたいと思いまして、メールいたしました。お返事お待ちしております。
ねこだまり URL 2010/02/06(Sat)21:08:04 編集
Re:文章引用について
ねこだまりさん

はじめまして。
本を手に取っていただいたとのこと、どうもありがとうございました。
引用に尽きましては、分量が多くなければ出典と版元を明記していただければ問題ないと思います。
どうぞよろしくお願い致します。
通信を発行ということは、お仲間がおありなのですね。
地域猫は単独では難しいですが、ネットワークづくりはもっと難しいからご苦労が多いと思います。
ご健闘をお祈りしています!
【2010/02/09 20:31】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
twittin'
ここにいるよ
w/ your little help
recent comments
[07/02 NONAME]
[02/01 ももこひめ]
[11/28 NONAME]
[11/27 直樹]
[11/27 テンテン]
[11/27 テンテン]
[11/26 s_omega]
[10/27 小春]
[08/31 tunafishermann]
[07/22 よしだ]
[05/08 森内です。]
[04/26 くみほ]
[04/09 カオリ]
[03/18 はぐれコマドリ]
[03/16 はらだ]
[03/14 TT]
[01/20 anne mama]
[01/19 渡辺眞子]
[01/16 anne mama]
[01/08 阿部敏明(カプアンパパ)]
[12/12 nana]
[12/03 dekopika]
[11/20 ちょべ]
[10/23 想ちゃん]
[09/04 ひらたけいこ]
動物にまつわる本
visitors
無料で使えるプチアクセスカウンター
search
access analysis
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
♥ sozai:ふわふわ。り Template by hanamaru.