忍者ブログ
mako watanabe    ***   like the ocean we share, we are one in the same   ***               動物関連の記事を選びたい方は、カテゴリーの <ペット問題><@仕事> <動物福祉><動物関連イベント> からご覧ください。
[15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アンジェリーナ・ジョリーとブラット・ピットのカップルが6人の幼い子どもたちを伴って来日した姿は幸せに満ちていて、その幸せがこちらまで漂ってくるようだった。
3人の養子は、それぞれカンボジア、エチオピア、ベトナム難民の孤児たちで、彼らのパパによれば子どもはトータル9人になる予定とか?

なんてステキ!
その子たちはきっと、くだらない些末なことで他者を判断しない、生粋のコスモポリタンになる。



残念なことに学校でも、社会に出てからも、人の心にも世の中のシステムにもたくさんの差別や偏見がはびこっている。
生きてゆくには、それらに打ち勝つ強さが必要なのだけど、でももっと強いのは、そんな不条理を軽く飛び越えてみせる気持ちじゃないかと思う。

どんな相手も自然に受け入れられる、それが普通であるグローバルな感覚の持ち主は、絶対的マイティー。
そして世界のどこでも、軽やかに生きてゆけると思う。

国、生活習慣、肌や髪の色、言語、宗教etc. がいろいろあって当然でしょ。
人それぞれなんだし、多少の食い違いはしょうがないよね〜。
……くらいの感覚でいられたら自分も楽だし、他者にも寛大でいられるから。

昔々の一時期を、アメリカ東部の街ボストンで過ごしたことがある。
幼稚園の年長クラスに編入して間もないころ、まだ英語もおぼつかなかった私は教室内でお漏らしをしてしまった。

それに気づいた先生は優しい声で、だいじょうぶだからねと励まし、微笑んでみせた。
そして、床をきれいにするように命じたのだった。
私にでなく、同じクラスの黒人の女の子に。

あのときの恥ずかしさ。
お漏らししたことと、その後片付けを他人にさせているいたたまれなさは、何十年経った今も少しも薄れない。
紙のナプキンで床を拭きながら、私を見上げた彼女の黒い瞳、黒いお下げ髪、着ていた水色の服まで、脳裏に鮮明に焼き付いている。

日本の短大で受講していた比較文学の時間に、その話をしたことがある。
教授は「保守的な街でその子が生きてゆくために、差別があることを教える意味があったのでは」と言った。

そんなものか。
そんなものか?
差別すること、されることを、わざわざ教えるだなんて?

たとえそんなものなのだったとしても、やはりとっても気持ち悪い。
そんなもの、地球上から消えてなくなれと心から願う。

差別や偏見という単語を見るたび、あのときの光景がありありと蘇り、胸がチクリと痛む。
彼女はあれから、どんな人生を歩んだろう。
まだ、ボストンに住んでいるだろうか。

逆風に負けない心の持ち主でありますように。
そして家族に囲まれて、幸せに暮らしていますように……

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
E-MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
calendar
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
twittin'
ここにいるよ
w/ your little help
recent comments
[07/02 NONAME]
[02/01 ももこひめ]
[11/28 NONAME]
[11/27 直樹]
[11/27 テンテン]
[11/27 テンテン]
[11/26 s_omega]
[10/27 小春]
[08/31 tunafishermann]
[07/22 よしだ]
[05/08 森内です。]
[04/26 くみほ]
[04/09 カオリ]
[03/18 はぐれコマドリ]
[03/16 はらだ]
[03/14 TT]
[01/20 anne mama]
[01/19 渡辺眞子]
[01/16 anne mama]
[01/08 阿部敏明(カプアンパパ)]
[12/12 nana]
[12/03 dekopika]
[11/20 ちょべ]
[10/23 想ちゃん]
[09/04 ひらたけいこ]
動物にまつわる本
visitors
無料で使えるプチアクセスカウンター
search
access analysis
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
♥ sozai:ふわふわ。り Template by hanamaru.