忍者ブログ
mako watanabe    ***   like the ocean we share, we are one in the same   ***               動物関連の記事を選びたい方は、カテゴリーの <ペット問題><@仕事> <動物福祉><動物関連イベント> からご覧ください。
[439] [438] [437] [436] [435] [434] [433] [432] [431] [430] [429]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ゆう子さんと会うのは、いつぶりだっけ?
彼女が大阪のシンポジウムに出席したあと成田で会ったのは、昨年11月だったかな。
半年ぶりだけど、いつもメールしてるし最近はたまにスカイプで顔も見るので、あまり久しぶりの気はしない。

通信の発達って、すごい事だなとつくづく思う。
だって一昔前は手紙か電話しか手段はなくて、国際電話をかけるのはとても贅沢だったもの。
それが今は、ネットさえつながれば世界中と通信できる。

便利な反面、行間の部分(手紙が先方に到着するまで、読んだかなと想像する間、返事が届くまで)がなくなったのは、ちょっぴり残念ではあるかも。
書きたいな、手紙……

もとい、昨日のお昼にゆう子さんと、担当編集者のヨシコさんと駅で待ち合わせ、3人で手打ちうどんを食す。
ホントなら、その時間は浅草観光ツアーの最中のはずであった。
ところが前夜、獣医大生のころから知っている若い獣医師から依頼されて、ゆう子さんは早期不妊去勢手術のデモをすることになった。

ロスから帰国した翌朝、いきなり手術なんてね。
それを受けるのが彼女です。
というわけで、私たちも同行することに。

不妊去勢手術を見学するのは二度目だ。
血に弱いヨシコさんだが、雄猫の手術は短時間なのと、出血がほとんどないのとで、ちゃんと直視できていた。

麻酔をかけ、排泄させ、患部を剃り、消毒……といった準備を除けば、雄猫の手術時間は正味5分程度だろうか。
ゆう子さんの指先は流れるようにスムースで、あっという間に3匹終了。
4匹目の牝は、手術代の脇でオブザーブ。

その間、私の足元にあったケージで動く気配がするので見たら、つい先ほど手術した仔猫が目覚めた。
生後9週齢ほどだという。

麻酔が効いているうち地域猫の印である耳先カットされ、手術後にノミ取りスプレーをしてもらった。
あどけない仕草を見ていると、熱いものが込み上げる。

この仔は家庭に恵まれない可能性のほうが高いのだろう。
元いた場所にリリースされ、地域猫として飢えることはないかもしれない。
でも、雷の日も灼熱の日も、どこかでしのいで、過酷な何年かを生き延びるのだ。
ふかふかのベッドも、喉元を撫でてくれる人もいないのだ。

こういう猫を殖やしてはいけない。
こういう不幸を増やしてはいけない。

そのために若い獣医師たちが日曜日の午前中から集まり、猫たちの不妊去勢手術を行なっている。
この日も部屋には順番待ちの猫、術後の猫が十数頭。
地域猫活動をする人々にとって、本当にありがたい集団だ。
彼らが頑張る先に、希望がないはずがない。

そのあとミグノンに向かい、FreePets ユーストリーム中継の準備。
しつけインストラクターの矢崎潤さんが現れ、獣医師の太田快作さんが現れ、打ち合わせもそこそこに、慌ただしく中継に突入。

あらかじめ組んでいたタイムテーブルは、なかったということに!
まずは坂本美雨さんによる朗読。
透き通る声がステキです。





そして、矢崎潤さんの「日本の動物行政の現状」。
私は頷き係として、隣に控えておりました。

彼は数年前から環境省の依頼を受けて、事業所向けの資料やDVD制作なども手がけているので、全国の状況に詳しい。
加えてレスキュー活動も良く知っているし、インストラクターとして培った経験と飼い主目線も備わっている。
さらに、バランス感覚に優れた人なので、安心して喋ってもらえる。

フェアな視点。
これは私自身が動物問題の取材をスタートしたときから、最も気をつけている点でもある。
矢崎さんは、いつものエラ呼吸で息継ぎなく喋り、あっという間に時間オーバー。





続く二本目の朗読は、niuさん。
それにしても同じ大和民族として、あのスラリとした肢体と顔の小ささは不思議でならない。

niuちゃんはなんと、拙著『犬と、いのち』の一部を読んでくださった。
自ら沖縄の収容施設に二度も足を運んでぽんちゃんを救った彼女。
朗読のあと、そのときの事も含めて語りながら涙が溢れ、会場からも鼻をすする音が……

そのとき私は心の中で、あの本の写真の犬たちに伝えてた。
君たちのことを知る人が、今日また何人も増えたよ。
君たちが寂しがって、苦しんで死んでいったことを、広めてもらえたよ。
君たちのことを思って、涙を流してくれているよ……





息絶えた体を抱いたときの、微かな感覚がよみがえってつらくなった。
すると隣で矢崎君にマッサージされるぽんちゃんの顔が目に入った。
うっとりして、ゆったりして、完全に身を任せている。

ぽんちゃん、生きててよかった。
ぽんちゃんがniuちゃんに会えてよかった。

矢崎君みたいな人が、長年がんばってくれてよかった。
快作君みたいな志高い青年が、獣医師になってくれてよかった。
彼らに出逢った頃から、いつも私は泣かされてばかり。

そして、パワーポイントを使った西山ゆう子獣医師のトーク。
同じ内容は二年ほど前のセミナーで聴いていたものの、ご本人に話していただくのはやはり格別だ。





アメリカが20年の歳月をかけて殺処分を減らしてきた経緯から、私たちが学べることは多いはず。

そのあとは、もりばやしみほさんによる「プチ・ボヌール紙芝居~小さな犬と3人の家族の物語」。
映画『犬と猫と人間と』『ネコを探して』の予告編。
予定時間を大幅に上回ってしまったのは、ひとえに私の責任でございます。
FreePets のみなさん、視聴くださったみなさん、ごめんなさい。
そして、どうもありがとうございました。

駅までの道のり、ゆう子さんと矢崎君、ヨシコさんと歩きながら話した。
つくづく不思議なのよと。

矢崎君からは「いつか西山先生を紹介してくださいね」と言われてた。
快作君からは「僕、矢崎さんに会いたいんですよ〜」と、言われてた。
「もちろん!」と答え、絶対にと思ったけれど、いつになることやらと思ってた。
だって3人とも、ものすごく忙しいし、ゆう子さんの住まいはロスだし。

それが、この一夜に叶ってしまった。

ありがとう。

雨の夜空につぶやいた。

この日の内容はアーカイブでご覧ください。
長いのでお時間許すときに。


*午前中に手術した仔猫を最初「6週齢」と書いていましたが「9週齢」の間違いでしたので修正しました。
ごめんなさい。

拍手[24回]

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
E-MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
calendar
12 2017/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
twittin'
ここにいるよ
w/ your little help
recent comments
[07/02 NONAME]
[02/01 ももこひめ]
[11/28 NONAME]
[11/27 直樹]
[11/27 テンテン]
[11/27 テンテン]
[11/26 s_omega]
[10/27 小春]
[08/31 tunafishermann]
[07/22 よしだ]
[05/08 森内です。]
[04/26 くみほ]
[04/09 カオリ]
[03/18 はぐれコマドリ]
[03/16 はらだ]
[03/14 TT]
[01/20 anne mama]
[01/19 渡辺眞子]
[01/16 anne mama]
[01/08 阿部敏明(カプアンパパ)]
[12/12 nana]
[12/03 dekopika]
[11/20 ちょべ]
[10/23 想ちゃん]
[09/04 ひらたけいこ]
動物にまつわる本
visitors
無料で使えるプチアクセスカウンター
search
access analysis
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
♥ sozai:ふわふわ。り Template by hanamaru.