忍者ブログ
mako watanabe    ***   like the ocean we share, we are one in the same   ***               動物関連の記事を選びたい方は、カテゴリーの <ペット問題><@仕事> <動物福祉><動物関連イベント> からご覧ください。
[109] [108] [107] [106] [105] [104] [103] [102] [101] [100] [99]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

新型インフルエンザウィルスが入国するのも時間の問題でしょうか。
ゴールデンウィークで大勢が移動する時期に重なったのも、タイミング悪かった。

ようやく成田に降り立ったというのに、機内で一時間以上の検疫を受ける人たちも大変なら、検疫官の方々はもっと過酷な勤務。
ごくろうさまです。



警戒感が強まる中、発熱を訴える患者を拒否した病院のことがニュースになっていた。
それも一件や二件でなく、2日朝から4日朝までの間だけで64件!


どーゆーこと?

感染を拡大させたくないという気持ちは分かるにしても、患者だって不安なんですから。
……と、ここで思い出したことがある。

クータの実の飼い主である私の母は、心臓血管の専門病院に定期的に通院している。
あるとき風邪の症状がひどく、休んでも一向に良くならなかった。

病院に行ったほうがいいということになり、取りあえず通っている病院に連絡するよう母に伝えた。
専門病院といえども主治医は内科医なのだから、風邪の診断くらいしていただけるだろう。
それに普段から数種類の薬を処方されているので、売薬で済ますにしても相談したほうがいい。

しかし電話の答えは、こうだった。
「うちは心臓血管の専門病院です。風邪なら余所の内科を受診してください」

う〜ん、仰ることは分かるけど……でももう何年も通院しているのに冷たくない?
結局、母は近所のクリニックに行ったのだが、釈然としない思いが残った。



彼女が専門病院へ行くようになったのは、そこの顧問を務める先生の推薦があったためだ。
後日、看護師さんを通じて母の件がその先生の知るところとなった。
病院の会議で、母の顛末が高々と発表されたらしい。

——うちの病院の患者さんが、具合悪くて連絡してきた。
それを「うちは専門病院ですから、風邪なら余所に行ってください」とは、なにごとか。

ですよね。
マニュアルに忠実であるのは誤りではない。
でも、ほんの少しの応用が利かない人が多い気がする。

患者の伝言を主治医に伝えるくらい……って当人は思ってしまうけど、病院は忙しいから難しいのかな。

  

近日中に、当ブログのアドレスが変ります。
変更後は、以下のどちらかになる予定です。

http://www.mako-w.com
http://mako-w.com

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
E-MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
薬も検査キットも無いのにどうしろと?
「諸君、担当医は、院長命に背き患者の診察を放棄した。受け入れ態勢がないから医療は出来んと言って患者の診察を勝手に断りよった。これが病院か。病院は受け入れ態勢がなくても受け入れをしなければならないのだ。検査キットがない、やれタミフルがない、リレンザがないなどは診察を放棄する理由にならぬ。

(中略)

担当医には応召義務があるということを忘れちゃいかん。病院は公立である。市長が守って下さる・・・」

以下、訓示は一時間以上も続いたため、当直明け通常勤務後の残業の連続で、抵抗力の落ちている医師がウイルスに罹り、病気で抵抗力の落ちた入院患者および外来患者に伝染する事態となった。

…。
……。
………。

感染者や感染者疑いを受け入れる、院内感染を防ぐための態勢が整ってないのに、「応召義務云々」で無理に患者を受け入れたら、院内感染が起きて「病院自体が感染源」になってしまう危険性があるんですよね…。

感染者を受け入れるための準備が整っている「発熱外来」ならともかく、検査キットも無い、リレンザが無い、タミフルも無い、院内感染を防ぐための設備も整えられてない一般病院では、患者を受け入れられなくても仕方がないと思います。

●タミフル・リレンザは既に出荷制限がかかっており現在は指定病院にしか入荷されない。各病院におけるそれらのストックも(当然ながら)万全ではない

●インフルエンザ検診キットは消費期限が短く、この時期に一般医療機関におけるストックはまずない。もし追加生産されても、それらは指定病院や検疫機関へ最優先に出荷される為、一般医療機関には入荷されない。

上記のように受け入れ体制が不充分な一般医療機関にてそのような患者を無理に受け入れ、新型インフルエンザによる集団院内感染が発生したら誰が責任を取るんでしょうかね?
都筑てんが URL 2009/05/07(Thu)04:34:31 編集
Re:薬も検査キットも無いのにどうしろと?
都筑てんがさん

はじめまして。
こうして毎日話題になり、命に係ることとあれば人は不安になります。
舛添厚生労働大臣には、都築さんの書き込みにもあるような内容を含めた対応をお願いしたいですね。
【2009/05/07 11:18】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
calendar
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
twittin'
ここにいるよ
w/ your little help
recent comments
[07/02 NONAME]
[02/01 ももこひめ]
[11/28 NONAME]
[11/27 直樹]
[11/27 テンテン]
[11/27 テンテン]
[11/26 s_omega]
[10/27 小春]
[08/31 tunafishermann]
[07/22 よしだ]
[05/08 森内です。]
[04/26 くみほ]
[04/09 カオリ]
[03/18 はぐれコマドリ]
[03/16 はらだ]
[03/14 TT]
[01/20 anne mama]
[01/19 渡辺眞子]
[01/16 anne mama]
[01/08 阿部敏明(カプアンパパ)]
[12/12 nana]
[12/03 dekopika]
[11/20 ちょべ]
[10/23 想ちゃん]
[09/04 ひらたけいこ]
動物にまつわる本
visitors
無料で使えるプチアクセスカウンター
search
access analysis
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
♥ sozai:ふわふわ。り Template by hanamaru.