忍者ブログ
mako watanabe    ***   like the ocean we share, we are one in the same   ***               動物関連の記事を選びたい方は、カテゴリーの <ペット問題><@仕事> <動物福祉><動物関連イベント> からご覧ください。
[14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ちょっとだけ、国会中継を見た。
どこからどう見たって、麻生さんは仕事ができるとも、総理大臣の器とも思えない。

それはまさしくそうなんだけど、でも本人を目の前にして、
「いかにあなたはダメか。支持率がどんなに低いか。国民がどれほど失望しているか」
と、綿々と聞かされる姿に、気の毒だなぁと感じました。

総理が代わったところで、首のすげ替えにしか思えないのは私一人じゃないはず。
ばりっばりの叩き上げの、ガッツと男気のある、芯の通った、自分の言葉で信念を語る政治家が出てこないかな。
先週のアメリカ大統領就任式の日の国民のように、自国の未来に希望を持ちたい。

*****

もうひとつ。
スペインで11歳の闘牛士が活躍しているとのこと。
もちろん牛も若くて(というか幼い牛なのだろう)小さくて、そして闘牛なのだから何本もの剣を射された背中が赤く染まっていた。
少年闘牛士がとどめを射すところは、さすがに正視できなかった。

近年、闘牛はスペイン国内でも人気が低迷し、テレビ中継もめっきり少なくなったとか。
少年は、そのためのテコ入れ要員なのかな。
牛を体の近くまで引きつけ、剣を突き刺し、息の根を止めることに、何の抵抗もなかったかな。
彼の父親も闘牛士だそうだから、初めてそれをやり遂げたとき、誉められて誇らしかったかな。

”異国の文化なのだから” 私たちの常識で判断してはいけないのだろうとは思う。
ただ、子どもは周囲の人や環境から大きな影響を受けて育つもの。
それを思うと、今日の天気みたいなドンヨリした気持ちになりました。
はっきり言葉にすれば、嫌悪感。


拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
E-MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
calendar
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
twittin'
ここにいるよ
w/ your little help
recent comments
[07/02 NONAME]
[02/01 ももこひめ]
[11/28 NONAME]
[11/27 直樹]
[11/27 テンテン]
[11/27 テンテン]
[11/26 s_omega]
[10/27 小春]
[08/31 tunafishermann]
[07/22 よしだ]
[05/08 森内です。]
[04/26 くみほ]
[04/09 カオリ]
[03/18 はぐれコマドリ]
[03/16 はらだ]
[03/14 TT]
[01/20 anne mama]
[01/19 渡辺眞子]
[01/16 anne mama]
[01/08 阿部敏明(カプアンパパ)]
[12/12 nana]
[12/03 dekopika]
[11/20 ちょべ]
[10/23 想ちゃん]
[09/04 ひらたけいこ]
動物にまつわる本
visitors
無料で使えるプチアクセスカウンター
search
access analysis
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
♥ sozai:ふわふわ。り Template by hanamaru.