忍者ブログ
mako watanabe    ***   like the ocean we share, we are one in the same   ***               動物関連の記事を選びたい方は、カテゴリーの <ペット問題><@仕事> <動物福祉><動物関連イベント> からご覧ください。
[332] [331] [330] [329] [328] [327] [326] [325] [324] [323] [322]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この地に眠る亡骸は、
美しく、しかし虚栄心はなく、
強く、しかし傲慢でなく、
勇敢であっても凶暴でなく、
人が持つすべての美徳を持ちながら、悪徳を持ち合わせない者

この賞賛が人間の灰に贈られるなら、
それは無意味な甘言だが、
これは1803年の5月にニューファンドランドで生まれ、
1808年11月18日にニューステッドで亡くなった犬のボーツウェインの思い出に捧げるものだ





誇り高き者が土に還るとき、栄華はなくても家に守られる
彫刻家は華麗な悲哀を施して、そこに眠る者の物語を刻む
墓碑に記されるのは理想の姿であり、本人を表すものではない

哀れな犬は、一生の揺るぎない友であり、
一番に出迎え、真っ先に守る
その誠実な心は、ずっと主人のもの
その人のためだけに働き、闘い、生き、呼吸する
報われずに倒れ、真価に気づかれず、地上での魂を天国で拒まれる





一方、人は無益な虫
許しを求め、我こそは絶対と主張する
人間よ
弱々しい、この世の間借り者
隷属に堕落し、権力に汚れる

汝をよく知る者は愛想を尽かして離れても、塵の堆積のように卑しくある
汝の愛は欲望、友情は偽り、舌は偽善、言葉は嘘
生まれつき貧弱でありながら、名声を高め、同族は恥ずかしさに顔を赤らめる

汝らはこの素朴な墓を眺めるだけで、通り過ぎるかもしれない
それは、汝らが悼む者ではないから

この墓碑は、唯一かけがえのない友の名残
彼は、ここに眠る

George Gordon Byron: 1788~1824




拍手[6回]

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
E-MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
この詩はバイロン卿の詩集にのっているのでしょうか?もし知ってたら教えていただきたいです。よろしくお願いします。
s_omega 2014/11/26(Wed)20:54:21 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
calendar
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
twittin'
ここにいるよ
w/ your little help
recent comments
[07/02 NONAME]
[02/01 ももこひめ]
[11/28 NONAME]
[11/27 直樹]
[11/27 テンテン]
[11/27 テンテン]
[11/26 s_omega]
[10/27 小春]
[08/31 tunafishermann]
[07/22 よしだ]
[05/08 森内です。]
[04/26 くみほ]
[04/09 カオリ]
[03/18 はぐれコマドリ]
[03/16 はらだ]
[03/14 TT]
[01/20 anne mama]
[01/19 渡辺眞子]
[01/16 anne mama]
[01/08 阿部敏明(カプアンパパ)]
[12/12 nana]
[12/03 dekopika]
[11/20 ちょべ]
[10/23 想ちゃん]
[09/04 ひらたけいこ]
動物にまつわる本
visitors
無料で使えるプチアクセスカウンター
search
access analysis
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
♥ sozai:ふわふわ。り Template by hanamaru.