忍者ブログ
mako watanabe    ***   like the ocean we share, we are one in the same   ***               動物関連の記事を選びたい方は、カテゴリーの <ペット問題><@仕事> <動物福祉><動物関連イベント> からご覧ください。
[303] [302] [301] [300] [299] [298] [297] [296] [295] [294] [293]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

寒暖の差が激しいながら、快晴続きの毎日。
少し空いた時間に、久しぶりにクータを連れて散歩に出かけた。
私と一緒だと長時間だったり、ボール投げしたりがあるから、クータは実の飼い主(母のこと)より私との散歩が好き! 
(なはず!)

久しぶりに墓地の中でフレキシリードをいっぱいに延ばし、私の前になり後ろになりして走る走る。
ここで以前はよく、いろんなものを拾った。
財布、現金、腕時計、写真入れ……
ちょうど帰り道に交番があるので、立ち寄ってから帰宅したものだ。

それが最近、拾わなくなったのはどうしてだろうと考えて、理由はすぐわかった。
前は、クータが拾い食いしそうなものを先回りして見つけるべく、私も下を見ながら歩いてたのだ。

母がもらってきた当時のクータは内外部寄生虫のオンパレードで、心身ともに問題児。
初めて散歩したころは、歩くより地面をなめていた。
でなければ、そこに落ちてるものを取りあえず口に入れた。

煙草の吸い殻、ティッシュ、ミミズ(生でも乾燥でもイケるらしい)、何でもオッケー。
危ないったらありゃあしない。
その他もろもろ問題な行動があったため、しつけインストラクターのお世話になったのだった。
7歳になった今、すべてキレイさっぱり解決したわけでもないけれど、一緒に平和に暮らしてる。
私はクータを愛していて、うちの子になってくれたことに心から感謝してる。

そんなこんなを思い出しつつ、これまた久しぶりの公園へ行くと、大型犬の集いが開かれていた。
オフリードのレオンベルガー、ボルゾイ、ラブラドールが一斉に駆け寄り、つながれたクータは私の周りをぐるぐる逃げ惑うことひとしきり。
突然のことで私もクータを抱き上げられない。

こういう場面は珍しくないけれど、まだ若いラブラドールが歯を剥いていたので、ちょっと怖かった。
自分の犬が余所の犬に向かってゆきそうなとき、どうして止めないのだろう。
名前を呼んでも犬は戻らなかったようだけど、呼び戻しが効かない犬ならなおさらだ。

でもでも、もっと怖いのは、その場がしつけレッスン現場だったらしいということだ。
ちょっとセンセイ、何を教えてるのーーー。
お願いしますよぉ。



今日は無事。
咬まれなかった!
明日は乳母が腕によりをかけてカットします。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
E-MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
calendar
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
twittin'
ここにいるよ
w/ your little help
recent comments
[07/02 NONAME]
[02/01 ももこひめ]
[11/28 NONAME]
[11/27 直樹]
[11/27 テンテン]
[11/27 テンテン]
[11/26 s_omega]
[10/27 小春]
[08/31 tunafishermann]
[07/22 よしだ]
[05/08 森内です。]
[04/26 くみほ]
[04/09 カオリ]
[03/18 はぐれコマドリ]
[03/16 はらだ]
[03/14 TT]
[01/20 anne mama]
[01/19 渡辺眞子]
[01/16 anne mama]
[01/08 阿部敏明(カプアンパパ)]
[12/12 nana]
[12/03 dekopika]
[11/20 ちょべ]
[10/23 想ちゃん]
[09/04 ひらたけいこ]
動物にまつわる本
visitors
無料で使えるプチアクセスカウンター
search
access analysis
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
♥ sozai:ふわふわ。り Template by hanamaru.